« ココログルのランキングに入っとった | トップページ | フルタのフィギュア »

2004.01.23

iTMSとCCCD

いかんともしがたいのCD20年の歴史での最後の一文が悲しい。

最近買った新譜をシングル、アルバムで2枚ずつ挙げると



  • アルバム : WHEN THE FUTURE LOVES THE PAST~未来が過去を愛するとき~ - デーモン小暮 (2003/10/8)
  • アルバム : SONGS MAKE MY DAY - face to ace (2003/7/24)

近年の日本の音楽には魅力が無いのはいうまでもない。これ以外にもCDは旧譜か中古で何枚か買っているが、新譜は本当に買わなくなった。一時期は新譜をガンガン買っていたのだが。もちろんCCCDには一切お金を払いたくないので、今まで聴いていたミュージシャン(アーティストっていう言い方は個人的に好きではない)でもあきらめたものもある。(鬼束ちひろの「いい日旅立ちは」無視した)

探せばきっとCCCDを出しておらず、おれ好みの音楽を聴かせてくれるミュージシャンが必ずいる、と信じてあさっているのだが、購入に至るものは数少ない。

【iTunes】アップル、日本でも音楽配信開始へ 2
http://pc.2ch.net/test/read.cgi/mac/1070882410/301-
300あたりからけっこう日本の音楽業界のダサい部分が語られている。

iTunes Music Store が日本で展開されたら、ガンガン買いそうで怖い。日本中のiTunesユーザが日本でのiTMSサービス開始を待っていると思うのだが、日本のレコード会社はどうだろう。きっと業界全体で必死に阻止しようとしているんじゃないだろうか。もちろん音楽業界で働いていて、iTMSを待っている方もきっといると思う。でも自分のレコード会社の利益が減ると思っているお偉いさんたちが阻止しようとしているのだろう。根拠は無いがそう考えている。

Steve Jobsはアメリカのレコード会社と交渉したときのことをインタビューで質問されて、「音楽の才能を持っている者を見つける能力は我々より遥かに上だが、テクノロジーについてはさっぱりだ」というようなことを言っていたが、(ごめんなさい。元ネタはどこだか忘れました)日本はそのレベルにも無いな。

良い音楽があれば、買う準備はできてるんだぞ。まぁ、いまの音楽業界は10代をとっくに過ぎた男性なんて、売り込みターゲットじゃないんだろうけどな。ちっとは5年くらいかけて有望な音楽家を育ててみろや。(やりたくてもやらせてもらえないんだろうな。)

|

« ココログルのランキングに入っとった | トップページ | フルタのフィギュア »

「Mac」カテゴリの記事

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6049/128746

この記事へのトラックバック一覧です: iTMSとCCCD:

« ココログルのランキングに入っとった | トップページ | フルタのフィギュア »