« 曹操と張飛は親戚だよな | トップページ | クックロビン音頭の旋律 »

2004.01.16

STAR TREKとわたし2

お世話になった先輩の「面白い」という言葉と、CATVで1話から観られるというタイミングの良さにTNGを観始めたおれ。最初は「ふ〜ん」というカンジだった。これから面白くなっていくのかな〜と思いつつ、先輩の言葉だけをたよりに見続けるおれ。今考えると変な理由で観ていたな。

でも何も知らないで観るとまずデータが気になる。データは人気あるんだろうけど、おれの周りでは特に人気。みんな好きな登場人物は?と聞くと「データ」という人たちばかりであった。今思うと、旅人が出てきたり、ホロデッキの探偵があったり、フェレンギ人も出てくるし、最初にしては結構面白かった?TNGコレクターズボックスはまだファーポイントしか観てないな…_| ̄|○

1stシーズンで印象に残っているのは、やはりターシャが死ぬ話。ドラマを観て心を動かされたのは多分これが初めてだったと思う。いま思うとムリにターシャを殺してしまったような話だが、最後のデータへの別れのあいさつのところで感動した。いま観てもアルマスの声が麦人氏なので、あまり感動しないだろう(w

こうして、外国のドラマというものはこんなに衝撃を受けるのか、と勘違いしたおれは、後にSuper Channelの他のドラマやNHKの海外ドラマに手を伸ばしてゆくのだった。「タイムマシーンにお願い」をもう一度観たいです。

|

« 曹操と張飛は親戚だよな | トップページ | クックロビン音頭の旋律 »

「スタートレック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6049/105317

この記事へのトラックバック一覧です: STAR TREKとわたし2:

« 曹操と張飛は親戚だよな | トップページ | クックロビン音頭の旋律 »