« 2004年3月 | トップページ | 2004年5月 »

2004年4月の記事

2004.04.29

Birthday(Kate Mulgrew)

今日は STAR TREK VOYAGER 艦長の Kathryn Janeway を演じている Kate Mulgrew さんの誕生日です。

さて演じている本人に罪はない(ないことはないか?)でしょうが、おれはジェインウェイ艦長は嫌いです(あー、言っちゃった)。

えーっと、「こんなキャラ、スタートレックじゃない!!受け入れられない!!」という嫌いではなく、DS9のカイ・ウィンと同じ「視聴者に嫌われてこそのキャラ」という「嫌い」です。
いや、制作側は艦長にそんなイメージは求めてないだろうけど。
(カイ・ウィンと同等の位置づけっていう説明もないだろう、と思いつつ)

簡単に思いつく理由として、

たまには副長の意見も聞かんかい!!
ドクターが艦長の任を解くっていったら従えや!!
等々…

とにかく「これは命令よ」で全ての意見を押さえつけ、他者の意見を聞かないジェインウェイ。
しかし、これがないとジェインウェイというキャラが成立しないという現実。
やはり「カイ・ウィンと同等の位置づけ」。

理想の女性上司キャンペーンでジェインウェイを選ぶなんておれには考えられん!!
(そのうちリンク切れになるだろうから、リンクしないでURL貼っときます。&darr 理想の女性上司キャンペーン)
http://www.uipjapan.com/phej/startrek/vgr/campaign/index.htm

これでこのweblogの読者減ったかな…

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2004.04.28

Borg のドキュメンタリー…ですか?

www.startrek.comをみたら、

The Borg – New Video Documentary

って、ボーグでドキュメンタリー作っちゃうのか?
内容を読んだら、20分くらいの内容らしいが、

Come back to this page next week for Part 2.

って、来週に続いてるよ。どうやら3部構成で今週はパート1のみ。9分22秒の内容。Quick Time か Windows Media のストリーミングみたいだ。TNG、DS9、VOYでボーグが出てきたエピソードの紹介かな。サッカーが終わったら観ようっと。

(追記)ネタバレ含んでました。気にする方は観ない方がいいでしょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.04.25

ひたすらひたすら

本日も「スタートレックまるごと70時間」の為にコクーンのHDD容量を空けるため、ひたすら溜まって(貯まって)いる録画を消化中です。

家に引きこもってます。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2004.04.24

サッカー アテネ五輪アジア地区女子最終予選準決勝 日本 x 北朝鮮

勝った。3-0。スコアだけ見れば日本の完勝だが、決して楽な試合ではなかった。オリンピック出場おめでとう。
もう1試合、決勝戦も勝ってアテネに行きたい。

と、冷静に書いていますが、涙目です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まるごと70時間の準備

スーパーチャンネルで「スタートレックまるごと70時間」という企画がある。
4/30 8:00 開始、5/3 6:00 終了という長丁場であるため、HDDレコーダ必須の企画である。

本日の時点で我が家のコクーンの空き容量は標準画質で約40時間。劇場版は DVD を購入済みなので、ENT の1st, 2ndシーズンとトレッキーズを録画するとしても(ENT 1st シーズンはテープで録画済みだけど)50時間以上の空きは必要なわけで…

というわけで、本日はコクーンの空き容量を確保すべく、録りっぱなしで未見だった「まんが宇宙大作戦」を視聴。その名も「まるごとまんが宇宙大作戦(一人で)」を実行!!

「まんが宇宙大作戦」は30分 x 22話 なので合計11時間!!ホらデッキまんが宇宙大作戦というカテゴリを開きつつ、ずっと視聴!!視聴!!視聴!!視聴!!視聴!!

半分(10話)まで観ました…
ホらデッキのANCHORさんがいろいろ突っ込んでますが、ホントに突っ込みどころ満載です。でも考えていたより面白いよ!!

TNG、DS9、VOYのエピソードの元ネタが詰まってます。これってTNGの○○の話じゃない?って思うネタ多数。これはぜひ DVD で出してもらいたい。

そして、心配していた通り、音声は吹き替えしか入ってなかった…_| ̄|○

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.04.20

Birthday(George Takei)

本日は、スタートレックの Hikaru sulu を演じた George Takei 氏の誕生日です。

日本語吹き替えでは「ミスター・カトー」。
George Takei 氏は日本で「カトー」と吹き替えられていることを知らなくて、自分が外を歩いていてなぜ「カトー」と呼ばれるのかずっと疑問だったとか。(元ネタはどこで読んだか忘れてしまった)

本日のスタートレック日めくりカレンダーの Sulu の写真はフェンシングの剣を持っている写真なのだが、www.startrek.com の Sulu のページにもフェンシングの写真がある。これって相当印象的なのか? Sulu = フェンシング? 確かにこの場面は思い浮かぶけど。(このエピソードは The Naked Time: 魔の宇宙病)

もう一つ。Takei 氏の声。あの低音は個人的にとても魅力的である。耳元で囁いてもらいたい。(いや、怪しい意味でなく本当に心からそう思うのです)

のちにU.S.S エクセルシオの艦長となるわけだが、エクセルシオ級の船ってかっこいいよなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今週のDS9は2回

今からでは遅いかもしれないけど、今週のフジのDS9は2回あるぞ!!

月曜深夜3:28-
火曜深夜2:58-

だ。気をつけろ!!

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2004.04.16

巨星落つ

普段はニュース記事とかは書かないんだが、これは自分にとってとてもショックだったので書く。
もちろん、横山光輝先生の訃報だ。

火傷で重体の報を知ってから覚悟はしていたが、やはりショックだ。
「三国志」… おれが中国の歴史に興味を持ったのは、この作品があったからだ。中学、高校の頃はとにかく三国志本ばかり読んでいた。
「水滸伝」「成吉思汗(チンギスハーン)」「項羽と劉邦」「殷周伝説」…横山作品は今も読み続けている。

もちろん数々のアニメも子供の頃観た。「鉄人28号」「魔法使いサリー」「バビル2世」(影丸、赤影は観たことないなぁ)

次回作「孫子」読みたかった…
横山先生、ありがとう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.04.11

フェレンギにも注目してみてください

フルタのスタートレックフィギュア2

東日本発売から1ヶ月が過ぎ、すでにコンプリートされている方も多数いらっしゃることでしょう。ところで、フェレンギ・マローダーをお持ちの方は、フルタのフェレンギ・マローダーの写真と比べて頂きたい。

船体の向きに注目してみよう。おそらくマローダーを持っている方の8割が間違っているのではないかと思われるが、フェレンギ・マローダーの三日月形の部分は船体の後ろである。

食玩の箱の写真も、中に封入されている完成写真も、組立図も全て船体の向きは統一されている。三日月型の部分は船体の後ろだ。

にもかかわらず、船体の向きを間違えるのは、フィギュアの組み立てやすさが原因だろう。船のボディに底のパーツをはめ込めば完成してしまう。TNG、DS9 でフェレンギ船の登場が少ないからでもあると思う。もちろんマローダーの形が前と後ろを間違えやすい、紛らわしい形であることも原因の一つだろう。

だが、いまやフェレンギはスタートレックには欠かせない種族だ。DS9で暗い話が続く時、ほっと一息つかせてくれるエピソードはフェレンギの話だ。
この機会にフェレンギ・マローダーの向きを憶えよう。「カネ儲けの秘訣」だけがフェレンギの売りではないのだ。

と、書いているものの、実はおれも間違えていたのだった。皆さんは正しい向きで組み立てました?

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2004.04.10

お申し込みはいますぐ!

ついに STAR TREK DEEP SPACE NINE の DVD が全てリリースされた。LD を購入していたファンにとっては未踏の領域であった。
当時 LD プレイヤー、LD ソフトを購入できるような身分ではなかったおれ。TNG や DS9 の LD BOX を店頭で手に取っては、「いつか揃えてやるぜ」と固く心に誓っていたが、DVD という形で揃えることができた。

さて、全巻購入者応募特典であるが、おれはコレクターズ・ボックス購入者である。3D・レーザー・クリスタル・モニュメントが届く。

ANCHORさんの「ホらデッキ」でも早速応募している。(DVDコンプリート・シーズン7)

全巻購入特典の申し込み締め切りは4月30日、消印有効。今月末ではないか。うかうかしていられないぞ、諸君。

というわけで、うかうかしていられないので応募。楽しみじゃー!!

ところで、これから応募する方々はひとつ忘れてはならないことがある。

応募はがきの宛名面には簡単なアンケートがある。たとえば『スタートレック(TM)でお好きなシリーズに○をお付け下さい。(複数選択可)』などだ。忘れず下記のように答えておこう。

まんが宇宙大作戦」というカテゴリを作っているだけあって、ANCHORさんの仕事にぬかりはない。

おれも1票入れておいた。

スタートレックで好きなシリーズ

重要だ。この1票が「まんが宇宙大作戦」の DVD 化を実現させる1票かもしれない。DVD 化しても30分 x 22話だ。映像特典が入っても TNG や DS9 の1シーズンにも満たないはずだ。
パラマウントさん、実現してください。TOS の役者さんがそのままアニメの声を当てていたりするんで、結構貴重なんです。どうですか?
(正直、どれほどの人が買ってくれるか、難しいところであるとは思う)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.04.09

影響されたもの

おれはコーヒーが好きだ。飲むときは1日に5杯でも6杯でも飲む。昔からとにかくコーヒー、コーヒー、コーヒーだった。

しかし、STAR TREK TNG のピカード艦長は紅茶を飲む。レプリケータに頼む飲み物はアールグレイティー。

"Tea, Earl Grey, hot."

レプリケータに向かっていう言葉は決まっている。ピカードといえばアールグレイだ。
昔はいつもコーヒーを用意してから TNG を観ていたが、ある時(TNG 観はじめの頃だから約10年前)ピカードがいつも同じ飲み物を頼むことに気がついた。

「紅茶か…」

近くのスーパーに紅茶を見に行った。どうせならティーバッグでなく、葉の方を…と思いアールグレイの葉を買った。
家に帰ってから早速飲んでみた。それまでの人生、紅茶といえば日東紅茶のティーバッグしか知らなかったおれ…
まず、香りがいい。というかアールグレイの売りって香りなのね。やはり英国人は違うな…(←ピカードとパトリック・スチュワート氏が混ざっとる)

というわけで、紅茶の種類が選べるときはアールグレイを飲むようになった。もろにスタートレックの影響を受けたおれでした。
その他の葉も飲んで色々と比較してみたのですが、やはりアールグレイのあの香りがいいのよ。でも、今住んでいる地域のスーパーって、ことごとくティーバッグしか置いてねぇ。なので、現在はアールグレイを飲む機会はやや減少した。

ところで、ジェインウェイはブラックコーヒーを飲むけど、豆の種類はなんだったろう。記憶にない。劇中に出てきたと思うんだが…気のせい?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.04.03

ANCHOR氏とのファーストコンタクト

本日は weblog 上で色々とお世話になっているANCHOR氏とのファーストコンタクトであった。

表向きの目的は親善であるが、裏では今後の両国の貿易について、quark側にがっぽり儲けがくるように工作する事である。

場所はANCHOR氏の行きつけの店、ペパーランド

敵のホームグラウンドに乗り込むのでやや緊張したが、店長の小宮山さん、ANCHOR氏のご友人に暖かく迎えて頂き、ロミュランエールで乾杯。(ロミュランエールは本当にメニューにある)

店内では男4人で STAR TREK やらなにやらの話で盛り上がる。ウェイトレスのお姉さんはカウンターで黙々と自分の仕事。

フィギュアの製作に関して、店長の小宮山さんから神の技術を見せて頂いた。店内の至る所から、あらゆるフィギュアがポンポン出てくるのには驚きました。

そしてペパーランドの料理は安くてうまい!(サービスして頂いたんでしょうか)
豚の角煮を食したが、う、うまい!フェレンギの虫なんぞ食べている場合ではない(笑)

帰り際、店長の小宮山さんからお土産を頂いた。
(ぐははは、次からは搾り取ってやるぜ!)

そして最後にバルカン・サインで記念撮影(笑)
quarkとANCHOR

画面左がANCHOR氏。右がquark。
長寿と繁栄を。

ANCHORさん、本日は誘ってくださってありがとうございました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2004.04.01

Birthday(Grace Lee Whitney)

本日はエイプリルフールであるが、そんな事は関係なくマイペースにキャストの誕生日ネタ。

本日は Janice Rand 役の Grace Lee Whitney の誕生日である。

が、書けません!!

カークの横にいた女性だった事は憶えているのだが、どーしてもこれといった印象的なエピソードが思い浮かびませんでした。
ごめんよぉ。劇場版にも出演していたのに…
まだ TOS に関しては修行が足りない。

く、悔しい(泣)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2004年3月 | トップページ | 2004年5月 »