« どうにもならないの | トップページ | 設定を間違えていた »

2004.04.16

巨星落つ

普段はニュース記事とかは書かないんだが、これは自分にとってとてもショックだったので書く。
もちろん、横山光輝先生の訃報だ。

火傷で重体の報を知ってから覚悟はしていたが、やはりショックだ。
「三国志」… おれが中国の歴史に興味を持ったのは、この作品があったからだ。中学、高校の頃はとにかく三国志本ばかり読んでいた。
「水滸伝」「成吉思汗(チンギスハーン)」「項羽と劉邦」「殷周伝説」…横山作品は今も読み続けている。

もちろん数々のアニメも子供の頃観た。「鉄人28号」「魔法使いサリー」「バビル2世」(影丸、赤影は観たことないなぁ)

次回作「孫子」読みたかった…
横山先生、ありがとう。

|

« どうにもならないの | トップページ | 設定を間違えていた »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰してます。最近仕事が忙しくて忙しくて。横山先生ご逝去の報は今朝通勤前のバタバタした時間の中で見ました。心からご冥福をお祈りします。三国志に入りこんだのも横山光輝三国志からでした。横山先生の絵ってすごく丁寧なんですよね。線自体はすごく少ないのに、コマ割も変わっている訳ではないのに、何だか生き生きと動いている様に見えて。。。本当に力のある漫画ってこうなんだなぁって思います。
不謹慎ですがquarkさんの所に来ればきっと横山先生へのコメントがあるだろうと思って来てみました。また寄ります。

投稿: 陸遜 | 2004.04.16 23:30

陸遜さん
横山先生の絵ってすごく丁寧なんですよね。線自体はすごく少ないのに、コマ割も変わっている訳ではないのに、何だか生き生きと動いている様に見えて。。。
ホントにそう思います。最近は画力のあるマンガ家さんがたくさんいますが、
横山先生の画はシンプルな中にも魂が入っているというか…魅力の一つですね。
それと読者に話を理解させる能力が、ずば抜けて高いと思うんですよ。
歴史物なんかは膨大な資料を読んで、どこを書いてどこを捨てるかっていうのをどのマンガ家さんもするんでしょうけど、
横山先生は残し方、捨て方、読者への伝え方、どれも高い能力を持っていた方だと思っています。

投稿: quark | 2004.04.17 13:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6049/450364

この記事へのトラックバック一覧です: 巨星落つ:

« どうにもならないの | トップページ | 設定を間違えていた »