« 輸入権が施行される前に買っておくべきCD | トップページ | いかん! »

2004.06.04

裏切り者と呼ばれても仕方がない

以前、いかんともしがたいさんから CCCD 童貞認定をして頂きました。

その時の記事

しかし、おれは先日ついに CCCD(LGCD) を購入してしまいました。Lyrico の Flavours 初回限定版です。
初回限定特典の DVD 欲しさに中古で買ってしまいました。購入後は DVD のみを鑑賞して、CD(の規格を満たしていないゴミ)は一切プレイヤーに掛けていません。ケースから取り出してもいません。これからもプレイヤーに掛けたり、CD-R に焼いたりはしないでしょう。

なんだか、いかんともしがたいさんを裏切ってしまったような気がします。本当にごめんなさい。

おれは、これまで自分が聴いていたミュージシャンの CCCD はすべて購入しないできました。さて、ヒトは自分のお気に入りのミュージシャンの新作が CCCD での発売となったとき、どこまで我慢できるでしょう。

おれは中古とはいえ、特典 DVD 欲しさに買いたくもないものを買ってしまいました。弟子(妻。ジョグダイヤル信者。○女子。ネコ好き)は自分の好きなミュージシャンの握手会の入場券が付いている LGCD を購入してしまいました。握手会に行って握手してきました。

レコード会社は発売したものを買ってもらうために、あれこれ手段を考えてきます。弟子(妻。ジョグダイヤル信者。○女子。ネコ好き)の行為はおれには止められません。自分の好きなミュージシャンと握手できるのですから、たとえ CCCD に反対でも買ってしまうのは仕方のないことだと思います。

今回おれが購入してしまったものは特典が DVD だったので、中古で買うことでレコード会社への反発を示したつもりです(実質負けだと思っています)。でも特典が握手会だったら?シークレットライブの入場チケットだったら?新品を買わないと特典は手に入らないでしょうから、たぶん特典はあきらめます。CCCD は買いません。たぶん…いや絶対!!

CCCD も改正著作権法も音楽ファンを幸せにはしません。作品を制作しているミュージシャンやスタッフも、完全に納得して CCCD を受け入れているわけではないと思います(ファイル共有されるくらいなら CCCD にするっていう人たちが一部いるらしいが…)。

音楽業界の未来は暗いです。もうこんな気持ちにさせるようなことはしないでもらいたい。

|

« 輸入権が施行される前に買っておくべきCD | トップページ | いかん! »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

私は根性なしです(^-^;
浜田省吾がCCCDを出したときは、ぶ~ぶ~言いながら購入してしまいました。いつも使っているリッピングソフトでは確かにMP3にすることはできませんでした。
一手間掛ければ、MP3になりましたけど(^-^;
最近はMP3で音楽を聴くことが増えてます。というかMP3以外では聞いてません。iPod&PC&MP3CDPlayerなので、CCCDは迷惑です。私はネット&人から借りて音楽を聴くことはないんですよね。自分の好きな音楽は、音源としてもちゃんと残しておきたいので、聴く音楽は買います!CDが売れなくなったのは、聴きたい音楽が少なくなったのではなくて、猫も杓子も同じ音楽を聴くことがなくなったからじゃないでしょうか?
山下達郎は絶対にCCCDは出さないと言ってますけどね。

投稿: うり坊 | 2004.06.07 12:56

うり坊さん
iPod&PC&MP3CDPlayerなので、CCCDは迷惑です。
ウチもそうですね。日曜の昼間なんかは、CDで聴いたりします。大音量が恋しくなるんです。
でも、自分の好きな曲がミュージシャン関係なくランダムにプレイされるのに慣れてしまいましたね。
CD入れ替えさえ面倒…
山下達郎のようにレコード会社に対して反対といえるミュージシャンばかりじゃないですからね。
ここ最近のCCCDでデビューせざるを得ない新人はかわいそうだと思います。
今はネット上にCCCDのリッピング方法が書かれているので無意味だと思うのですが…
私も好きな音楽は買う派です。
CDを買ってミュージシャンを支えたい。でもCCCDは買いたくない。
だんだんと買うCDが減ってきました。

投稿: quark | 2004.06.07 21:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6049/712342

この記事へのトラックバック一覧です: 裏切り者と呼ばれても仕方がない:

« 輸入権が施行される前に買っておくべきCD | トップページ | いかん! »