« ナオミよぉ(死語) | トップページ | 楽しく熱く »

2004.08.10

S-310-34号(Explorers)

タイトルだけ読んでもなんのこっちゃ ? なんだけど、詳細はばっちり「太陽の風 背に受けて 銀河の闇に 羽ばたこう」(Fozyの独り言 by Fozyさん)に記述してあるのでそちらを参照してください。
おれも同じ話題で同じ事を書こうと思ったので。

要は世界で初めてソーラーセイル用の薄膜帆展開に成功したのですよ。太陽光を帆に受けて推力を得るのですよ。
DS9 の Explorers(夢の古代船)を思い出すではありませんか。

っとこれだけではなんなので…

Fozyさんとこにもリンクがあるけど、JAXA(宇宙航空研究開発機構)の発表を読めば感じがつかめるではないでしょうか。
船に取り付けられたカメラからの写真も載っているので、どんなもんかよく分かる。

アイディアが考えられてから、実験成功するまで80年以上かかりましたよ。DS9 の方は800年前の古代船の話。数字が似ているのは偶然では片付けてはいけないなぁ。

とても夢があってワクワクするんだけど、JAXA のプレスリリースを読むと、夢はまったく感じられなくなります…

|

« ナオミよぉ(死語) | トップページ | 楽しく熱く »

「スタートレック」カテゴリの記事

コメント

クワークさん、トラックバックありがとうございます!…なんですが、なぜか反映されていないみたいで、申し訳ないです…。原因調査中です。

S-310-34号なんていう名前だったんですね。気付きませんでした…。なんか愛称とかないんですかねえ?内部的にはあると思うんですけど。

>JAXA のプレスリリースを読むと、夢はまったく感じられなくなります…

ははは。まあ、実験概要ですから、こんなもんかもですね(^-^;)

投稿: Fozy | 2004.08.11 02:31

Fozyさん、こちらこそトラックバックして頂きありがとうございます。
原因が早くわかってよかったデス。
ココログに不信を持つところでした。

投稿: quark | 2004.08.12 21:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6049/1166495

この記事へのトラックバック一覧です: S-310-34号(Explorers):

» 太陽の風 背に受けて 銀河の闇に 羽ばたこう [Fozyの独り言]
大きな「帆」宇宙で広げる 宇宙機構が実験に成功(共同通信)  宇宙航空研究開発機 [続きを読む]

受信: 2004.08.11 02:18

« ナオミよぉ(死語) | トップページ | 楽しく熱く »