« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »

2004年11月の記事

2004.11.30

Marie復活おめでとう

ワタクシのお気に入りのミュージシャンに Roxette というユニットがおります。
日本だと「プリティ・ウーマン」の挿入歌が有名かな。あとは映画「スーパーマリオ」のテーマ曲とか…

Marie Fredriksson(女性, Vo) と Per Gessle(男性, Vo, G) の二人組。スウェーデンのミュージシャンです。

たぶん2年前だったと思うのですが、Marie が脳腫瘍で倒れ、Roxette は音楽活動を休業していました。
彼女はソロ・アルバムにスウェーデン国歌が入っているほど、国民的歌手らしいです(&larr よく知らない)。

そして Marie はようやくリハビリを終えて復活し、スウェーデンでソロ・アルバムがリリースされました。10/27でした。

で、amazon.com と amazon.co.uk を検索してみたのですが、さっぱり商品リストにありません(当然日本にもなかった)。
ところが最近、ようやく amazon.co.jp でも商品リストに載るようになりました。CCCDで。(The Change というタイトルです)

残念な事に、Roxxete は EMI から CD をリリースしているのです。EMI は世界的に CCCD を導入しているふざけたレコード会社です。当然、Roxette の新作も CCCD 化されてからは全く買っていません。

ようやく Marie が復活したというのにその歌声を聴けないとは…。Roxette が EMI を抜けてくれる事を祈るばかりです。

Roxette の日本での知名度ってどれくらいあるんだろ。

続きを読む "Marie復活おめでとう"

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2004.11.29

VOYAGER予約特典で妄想

スタートレック ヴォイジャー DVDコンプリート・シーズンの予約特典として、携帯電話関連グッズが付いてきます。
シーズン1 が「オリジナル・スペシャル携帯ホルダー
シーズン2 が「オリジナル・メール・ブロック
シーズン3 が「オリジナル・プッシュボタンシール
です。

ちなみにシーズン4 は「フラッシュ・タイプ・モバイル・ホルダー」の予定。

着信によって、ヴォイジャー部分が発光します。

※機種によって発光しないものあります。予めご了承下さい。

さて、これらのシーズン1、2、3 のグッズで、この冬自分の中で勝手に盛り上がっている「talby」と「702NK(Nokia 6630)」を持ったらどうなるか?

計ってみました。(電話がないのに何やってんだか…)

続きを読む "VOYAGER予約特典で妄想"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.11.26

ジェネレーションズ!!

珍しく発売日に届きましたよ。
スタートレック ジェネレーションズ スペシャル・コレクターズ・エディション

スペシャル・コレクターズ・エディションの楽しみは特典映像もそうですが、DVD をプレイして最初に出てくるメニューが良いです。

スタートレック 6 未知への世界 スペシャル・エディション では、Disc 1がクリンゴンの裁判シーンの再現。周りのクリンゴンの聴衆が Good。

Disc 2はルラペンテ。メニューを選択すると地下へのドアが開いて、洞窟の中に入っちゃう。このアニメーションいいわぁ。

さて、今回のメニュー画面は…
(楽しみな方がいるかも知れませんので「続きを読む」にします)

続きを読む "ジェネレーションズ!!"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2004.11.24

Birthday(Denise Crosby)

本日は TNG で Natasha Yar を演じた Denise Crosby の誕生日です。

トレッキーズで製作に関わっているからか、www.startrek.com に誕生日特集ページがありました。すまん、無いと思った。

デニス・クロスビーっていうと、最終的にはどのイメージなんだろ。
ターシャ・ヤー?
シーラ?
トレッキーズ?

TNG をみはじめてハマりかけだった時、ヤーがいきなり死んでしまったのですんごいビックリした憶えがあります。Skin of Evil(悲しみの星に消えたターシャ)
「えぇぇ!レギュラーをあんな簡単に殺すの?しかも生き返らなさそう!」と。
このエピソードのラストは、当時かなり後まで頭に残りました。

彼女の配役には色々ありまして、
・エンタープライズの保安部長はウォーフではなく彼女だった(この時点ではクリンゴン人は設定に無かったそうです)。
・当初のキャラ設定では"マーチャ・ヘルナンデス"という名前だった。
・マリーナ・サーティスはヘルナンデス役でオーディションを受けていた。
・デニス・クロスビーはトロイ役でオーディションを受けていた。
と、まあこのまま物語が進んでいったらどうなっていたのやら。

さらに、
・ジーン・ロッデンベリーがトロイ役とヘルナンデス役を入れ替えた。
・役が入れ替わったことにより、保安部長はターシャ・ヤーという名前に変わった。
まではいいと思うのですが、
・TNG は放送開始されたが、デニス・クロスビーが番組を降りたがっている(思っていた役と違ったらしい)。
というわけで、1st シーズンでいきなり殺されることに。

役を入れ替えなければライカーと結婚するトロイは彼女だったのか。&larr いきなりそれか。
デニス・クロスビーが番組を降りなかったら、ウォーフはどれほど活躍したのだろう。TNG のクリンゴン関連エピソードは盛り上がっただろうか。DS9 にウォーフは登場したのだろうか。

などなど、想像するのも楽しい。いや、ヤーが死ななかったら…という話で一つの形が作られたのが、Redemption Part I, Part II (クリンゴン帝国の危機)だった。

11月の日めくりカレンダーに出ているキャスト誕生日はこれでラストです。今月は多かった。

トレッキーズ

トレッキーズ

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2004.11.21

Birthday(Alexander Siddig)

本日は DS9 で Dr. Julian Bashir を演じた Alexander Siddig の誕生日です。

まずは一回はネタとして扱いたい名前の表記(笑)。
DS9 では 4th シーズンから Alexander Siddig という表記になりましたが、3rd シーズンまでは Siddig El Fadil とクレジットされていました。
本名は
Siddig El Fadil El Siddig El Abderahman El Mohammed Ahmed El Abdel Karim El Mahdi
だそうです。

スーダン生まれで、イギリスで俳優をしていました。その頃は「アメリカの番組には出ない。TNG以外は。」と語っていたそうです。

スタートレックはイギリスでも放送されていますから、それを観ており、TNG だけは特別だったようです。それが DS9 のレギュラーとして起用されるんだから、面白いもんです。

以前も書きましたが、キラ役の Nana Visitor の元夫です。Siddig 側のギャラリーには、二人で写っている写真がないな(笑)。

歴代シリーズの中でもドクター役で最も若い。でも優秀。いや、レギュラーキャストのドクター役で、「まだアカデミー出たてですから」とかいって、たまに失敗するのも怖いけど。

ER との比較で申し訳ないのですが、 ER では現場に配属されても数年はレジデント(研修医)という扱いで、時にはスタッフ・ドクターの指示を仰がなければならなかったり、許可されないとできない医療行為があったりするわけですが、ベシアはそんなことないね。

というか、ステーションの医療を一手に引き受けているんだろうか。いくら24世紀のコンピュータが今とは比べ物にならないくらい発達しているからといって、ベシアはどのくらいの患者を引き受けられるんだろう。地球人以外も診なくちゃならないのに。

論文を書いたり、読んだり、ステーションを離れて任務に出ることだってあるし、休みだってとるわけだから、ベシア以外にも4、5人くらいはドクターが居そうなもんだと思う。現役の医者に訊いてみたいものだ。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2004.11.20

セリフって一言でいいますが

もう、どれを挙げてよいやらさっぱりわかりません!
中途半端なトレッキーのTB企画、「好きなセリフ」。

それこそスタートレックシリーズ全般にわたって笑わせてくれるセリフ、泣かせるセリフ、テレビに向かってうなずいてしまうセリフ…たくさんあるですよ。

TNG や DS9 あたりだと何度もみているんで、なんでもない会話でも顔が緩んでしまったりします。アホです。

オドがクワークに対して「みえみえの嘘言うなよ」みたいにいう「ハァッ!」とか。
デュカットが高飛車な感じの物言いとか。
ガラックのいかにも嘘くさーっ!!って感じのベシアへのセリフとか。
シスコがジェイクに何気なくいう一言とか。
オブライエンのぼやきとか。
最近は、カイ・ウィンの嫌味な発言さえ好きになってきました。

クワークやノーグが言う「どうせお前たちはフェレンギのことを馬鹿にしているんだろう」みたいな感じの、シスコにズバッと核心を突いた発言とか。
(DS9 ばかりだな)

ごめんなさい。「これ」っていうのが出ないです。
何もないのもくやしいので、TNG から一つ。

最終話 All Good Things... Part II(永遠への旅 パート2)から。
Q のセリフ。"All good things must come to the end."
吹替えだと「名残惜しいが何事にも終わりはある」
これかなぁ。

…ってキレイに終わるかぁー!!
その前のピカードがデータにいうセリフ。
「君は本当に有能だよ、いつの時代でもな」

ピカード艦長ステキ。(*´Д`)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2004.11.19

Birthday(Terry Farrell)

本日は DS9 で Jadzia Dax を演じた Terry Farrell の誕生日です。
ダックスは共生生物であるダックスと、共生生物に体を提供するホストで一人のトリルと見なすわけですが、トリルが最初に出てきたのは TNG の The Host(愛の化身オダン)です。

このエピソードはトリル大使のオダンとクラッシャーが恋愛関係になるのですが、オダンが任務中に襲われて重傷を負ってしまいます。クラッシャーは治療に当たりますが、そこで初めて、トリルは共生生物を宿している種族だということを知ります。

共生生物を他のホストに移植しないと助からない。しかし、別のトリルのホストがエンタープライズに到着するまでは時間がかかる。そこでライカーが代理のホストになることに。

姿はライカーでも、精神はクラッシャーを愛してくれるオダン。クラッシャーは初めは戸惑いますが、やがてトリルの性質を受け入れます。

そして、エンタープライズにトリルのホストが到着しました。さっそくオダンはライカーの体から新しいホストに移ります。しかし、新しいホストは女性でした。クラッシャーの恋はここで終わります。

このエピソードは、恋愛対象となる相手の外見や性別を超えられるか? ということがテーマだと思いますが、DS9 ではダックスが「前のホスト同士がお付き合いしていました」という設定で、同性愛についてのエピソード(Rejoined(禁じられた愛の絆))があります。

DS9 ではトリルの性質を利用して難しいテーマに挑んでいますが、そういうエピソードよりもクリンゴンとダックスがからむエピソードが一番いいよなぁ、と思うわけです。

で、書いていて思ったのですが、300年くらい生きているんだったら、ジャッジアより前のホストで ENT に出演するのも有り? 役者さんはさすがに Terry Farrell を使うのは無理だろうけど。

フジテレビ視聴者に配慮すると、あまり書きたいことが書けないもんだなぁと思いました。ちゃんと放送してくれよぅ。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

Birthday(Robert Beltran)

本日は VOY で Chakotay を演じた Robert Beltran の誕生日です。VOY のロバート3兄弟の真ん中だ。しかし、"ドクター" ロバート・ピカード氏と生年は同じだ!

ジェインウェイに意見を言っても、それを聴いてもらえることは皆無…(涙)。それでも彼は副長の務めを果たすべく、懸命にジェインウェイを支えようとします。しかし、その想いをジェインウェイは全く聴こうとしません(怒)。

劇中ではネイティブ・アメリカンの末裔という設定でしたが、IMDb にも

Is of Mexican-Native American ancestry.
って書いてあるから、実際にそうなのね。へぇ。

この「ネイティブ・アメリカンの末裔」という設定は、TNG の Journey's End(新たなる旅路)から。

地球を脱出して、何世代も掛けてようやく自分たちが永住できる惑星に移住したネイティブ・アメリカンたち。だが、その惑星が惑星連邦とカーデシアの境界問題に巻き込まれてしまう。その惑星はカーデシアの領域に含まれてしまったのだった。

気が進まないながらも、別の惑星への移住を勧めるピカード。しかしネイティブ・アメリカンたちは世代を超えてようやくたどり着いた惑星を離れるつもりはなかった。そこへカーデシアが調査のために惑星にやってきた。

宇宙艦隊アカデミー休暇中にエンタープライズに戻っていたウェスリーは、ピカードがネイティブ・アメリカンたちを強制移住させる計画をばらしてしまう。そしてウェスリーは宇宙艦隊を辞めることを決意し、宇宙の旅人と共に修行の旅に出る。

ネイティブ・アメリカンたちは惑星連邦の市民権を捨て、カーデシア領域となった惑星で生きて行くことを決意する…

スタートレックにしては苦い結末だなぁと思いました。
チャコティがマキに参加することになる経緯が描かれているわけではありませんが、背景にはこういうことがあったわけです。ネイティブ・アメリカンの文化を見せてくれるチャコティのエピソードは良かったけど、後のシーズンになるとどんどんその要素が少なくなっていくのよね。もったいない。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2004.11.16

VOYAGERよりDS9

えさに食い付いてしまいました…
ワタクシの最も好きなスタートレックシリーズはDS9です。

うり坊さんの「色々あるかも」より。
DS9よりVOYAGER

うり坊さんはこう書かれています。

エンタープライズも好きですけど、DS9は宇宙ステーションの話なのでどうもちゃうんじゃないって言う感じです。
DS9好きに、ストレートに現実を突きつけます(笑)。
やっぱり、ワープエンジン、転送、惑星上陸、探検じゃないとなぁ。
ヒロージェンが獲物をいたぶるが如く、DS9好きを追い詰めます(笑)。
でも、DS9の方が人気あるんだよなぁ。
いやいやいやいやいや!

VOYAGER の方が人気がありますって。
スーパーチャンネルで先に放送終了したのは? VOYAGER
DVD-BOX の特典が豪華なのは? VOYAGER

毎回、携帯電話関連の予約特典は付くし、ロバート・ピカード氏を日本に呼ぶし、セブン・フィギュアプレゼントもあるし…
人気がある登場人物といったら必ず「セブン」「ドクター」。
DS9にも「クワーク」「ガラック」がいるよー。色気無いなぁ…

スタートレックの話をしていて、「DS9」の一言を口にしたが為に、「邪道」「トレックしてない」「宇宙を探索してない」「リーダーが艦長じゃない」等々の言葉を浴びせられます…いつもDS9好きは日陰者ですよ。

そんなわけで普段ワタクシは、たとえDS9の悪口を言われたとしても反論せず、ただじっと砂嵐になったテレビだけがポツンと付いた真っ暗な部屋の片隅で放心しながら、ひざを抱えてドナドナを歌うのみなのです。
元ネタ : http://www.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0410/25/news003.html

あ、この記事自体が反論か?

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2004.11.13

Birthday(Whoopi Goldberg)

本日は TNG で Guinan を演じた Whoopi Goldberg の誕生日です。

TNG に出演しているのを最初に観た時は驚きました。2nd シーズン第1話 The Child(光から生まれた生命)からいきなり登場ですよ!その後もバンバン話に出てきます。当時はすごい番組なんだなぁ、と思っていましたが、後から Whoopi Goldberg 自身が子供の頃に TOS を観ており、スタートレックのファンである事を知りました。

ウフーラに憧れていたそうです。黒人女性が堂々と仕事をしている姿が、彼女に希望を与えたということです。ジーン・ロッデンベリーに直接電話したらしいですね。「ファンだから TNG に出たいんだけど?」って。

今でこそ、スタートレックでみんなが集まってくつろげるところといえば、DS9 のクワークの店ですが、TNG にも魅力的なバーが有るのです。Ten Forward というバーが。

The Dauphin(運命の少女サリア)で、ウェスリーがライカーに女性への接し方を教わるシーンとか、ああいうのがガイナンらしくて良いです。

最も好きなシーンは、Time's Arrow Part I(タイムスリップ・エイリアン)の「ついに来たわね」。ピカードとガイナンの最初の出会いのエピソード。なぜガイナンはエンタープライズに乗船しているのか?ああ、なんて良いエピソードなんだ。

吹替えの東美江さんも Whoopi Goldberg の声によく似ていて、良いキャスティングだと思います。地上波で「天使にラブソングを…」を観たとき、声が小宮一枝さん(DS9キラ役)で、めちゃめちゃ違和感が有りました。

キャラの設定上、ENT にゲスト出演することは可能だと思いますが、どうでしょう?パラマウントさん。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2004.11.12

Birthday(Max Grodénchik)

本日は DS9 で Rom を演じた Max Grodénchik の誕生日です。é(アクサンテギュ)です。

www.startrek.com には誕生日特集ページがありません(涙)。そんな…フェレンギにとってなくてはならないお方なのに…(フジテレビ視聴者にはネタバレになるので詳細は書きませんが)

IMDb によれば、実は Quark 役のオーディションを受けていたようです。いや、でもロムで正解。「マギィィィィィ」は Max Grodénchik でないと。

IMDb の出演作品をみると…おお!ER にも出演している!あ、9th シーズンだ…地上波なので来年まで待たなくては…orz
Sister Act(天使にラブ・ソングを…)!ええっ!どこに?殺し屋か、そうか。ビデオはどこにしまってあったかなぁ。

もう一つ。
"Space Cadets" playing "Himself" in episode: "Quarks vs Roms"
これが気になる!! このタイトルは何だ!! どんな話なんだろう。

さて、この「スタートレックキャスト誕生日」は基本的に日めくりカレンダーに書いてある人物に限定してあるのですが(いや、そんなにたくさん書けませんし)、実は Grand Nagus ZekWallace Shawn も今日が誕生日だったりします。

こういう事を知ると、ロムとゼクに運命を感じるなぁ。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2004.11.11

通販といえば

「今日はネタがないなー」などと思いつつ、いつものようにblog巡回していたら、エスゴウさん!! 今日はあなたの記事に感動しました!!

日本文化センターエスゴウ氏の日常(借金トッシュ中) by エスゴウさん)

あの「日本文化センター」の電話番号の歌を、各地方のバージョン一気に聴く事ができるなんて感動!!

個人的には一つ前の記事のジョジョも面白いです。

日本文化センター 〜日本文化センターファン倶楽部情報部〜

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2004.11.10

TNGコンパニオン発売か?

Amazon を眺めていたら、スタートレック ネクストジェネレーション コンパニオンの発売日が(2005/01)に!

最近見ていなかったのですが、これって前からだったのでしょうか?それとも出るの?"近日発売予約可"のまま、ずぅぅぅぅぅっと音沙汰なしだったんだけど、ようやく出るの?

とか期待していると、また発売延期になったりするのがスタートレック本なのですが。

スタートレック ディープスペース・ナイン コンパニオンは発売日が決定しています。Amazonには 2004/11/18 と。

Amazon.comには Star Trek Voyager Companion もあります。日本では予定あるんだろうか。

1996年にスタートレック大研究 III としてTNGコンパニオンの邦訳が出てはいますが、内容を簡単に紹介すると、
TNGの企画
キャストが選ばれるまで
全エピソードガイド
ジェネレーションズ
という感じになっています。

今回は劇場版の追加と加筆・修正かな?買いますとも!買いますとも!

続きを読む "TNGコンパニオン発売か?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.09

Birthday(Robert Duncan McNeill)

本日は TNG で Nicholas Locarno を演じた Robert Duncan McNeill の誕生日です。

The First Duty(悲しみのアカデミー卒業式) で宇宙艦隊アカデミーの卒業を控えたウェスリー。卒業生代表としてチームでシャトルの飛行パフォーマンスを行う事になっていたが、チームの一人が練習中に事故を起こして死んでしまった。

チームの事故の事情徴収が行われたが、リーダーの Locarno(ロカルノ)は嘘の証言をした。事故死したメンバーは飛行中にパニックに陥ってフォーメーションを崩して事故を起こした、という証言をしたのだった。

真実は、あまりにも危険なために禁止されているスタント飛行を行っていたためだった。卒業を控えているためチームで団結して嘘を突き通そうとするロカルノ。真実を話すべきだと主張するウェスリー。

しかし、卒業式に招かれたピカードに真相はバレていた。ウェスリーは証言台に立って真実を話したが、ロカルノ以外のメンバーは単位取り消し。もう一年アカデミーで過ごす事となった。ロカルノは主犯格として退学処分となった。

とまあ、これが後の VOY の Thomas Eugene Paris のモデルとなったわけです。ロカルノ役のときは2代目ベシアの中村大樹さんが声を当てていました。ロカルノ、若いなぁ…前髪

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2004.11.07

スタートレック大研究

1998年に倒産してしまいましたが、ジャパンミックスという出版社がありました。ジャパンミックスは「スタートレック大研究」という本を出版していました。ちなみにIからVまで。

スタートレック大研究
こういう本を反射させずに上手く撮るにはどうすれば良いのでしょう。

スタートレック大研究 3,500円
(原書は何ですか?)
スタートレック大研究 II 2,400円
(THE STARTREK COMPENDIUM)
スタートレック大研究 III ネクストジェネレーション 3,000円
(THE STARTREK NEXT GENERATION COMPANION)
スタートレック大研究 IV メイキング オブ スタートレック ディープ・スペース・ナイン 3,200円
(MAKING OF STARTREK DEEP SPACE NINE)
スタートレック大研究 V スタートレック エンサイクロペディア 4,800円
(STARTREK ENCYCLOPEDIA)

現在はおそらく入手不可能でしょう。

古くからのスタートレックファンは当然持っているのでしょうけど、ワタクシはスタートレックというものにはまってから10年くらいの未熟者ですので、こういう本を本屋さんで見つけたときは、「ほほぅ」と心の中で小躍りしました。

当時は大学生だったのですが、実家に帰省した時に駅前の本屋に寄ったら、棚の一番高いところに並べてあって、「放送してない地域なのに置いてあるよ!」と思いつつ、店員さんに頼んで取ってもらいました。

その時は TNG を観ていたので、最初に買ったのは大研究 III です。おそらく列車に乗って分厚い本を隅から隅まで読んでいたでしょう。

それから、帰省したときは必ずその本屋さんに寄って、1冊ずつ買いました。帰省するのは盆と正月のみです。その度に1冊ずつ買って行くのですが、おれの実家のあるところは「スタートレック不毛の地」です。全く放送がありません。

買うヤツは自分しかいない!という妙な自信がありました。実際、全部買いそろえるまでに本はずっと棚の同じところにおいてあったし、自分が買った後は補充もされていなかったようなので、約半年に1冊ずつ、その本屋さんの「スタートレック大研究」は無くなっていったのです。

そして、全部揃えた!などと満足に浸っていたら、
アート・オブ・スタートレック 8,500円
(THE ART OF STARTREK)
という本を見つけてしまいました!これがジャパンミックスの最後のスタートレック本だと思います。
これも買いました。

いまでもたまに開いて読んでしまいます。読み始めると、時間があっという間に過ぎてしまって大変危険

ところで、Amazon にずぅぅぅぅぅと近日発売予約可になったままの「スタートレック ネクストジェネレーション コンパニオン」という本があるのですが、スタートレック大研究 III とは違うんでしょうか?

次は「ぶんか社編」でも書きましょうか。

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2004.11.06

エンタープライズ、スミソニアン航空宇宙博物館に展示

/. Jから。

スペースシャトルの実験機"エンタープライズ"がスミソニアン航空宇宙博物館で一般公開された、とのこと。
(CNNへのリンク)

スペースシャトル"エンタープライズ"とは、ファンの署名活動により命名された NASA の最初のスペースシャトルであったが、宇宙へは行かない実験機であった。

最新シリーズ、"ENTERPRISE" のオープニング映像に使われているスペースシャトル、アレがそうだ。

ENTERPRISE のオープニングはここで見ることができる。リンク先の左の画像をクリックすると動画を見る事ができます。

アーチャー船長役の Scott Bakula のクレジットが表示されるあたりで、スペースシャトルの映像がちょっとだけ映る。"Enterprise"と船体に書いてあるからすぐわかる。

次はフェニックス号を実現してください。できればおれが生きているうちに。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2004.11.05

Birthday(Armin Shimerman)

本日は DS9 で Quark を演じた Armin Shimerman の誕生日です。
TNG では大した力も無く、悪知恵を働かせてエンタープライズをトラブルに巻き込むだけだったフェレンギ人が、DS9 では立派にレギュラーキャラ。そしてフェレンギ人なしでは DS9 は語れないほどになってしまいました(DS9 って良いシリーズだなぁ)。

そのフェレンギ人を代表するのが Quark。カネ儲けを生き甲斐とし、女性を差別し、ゼクが「カネ儲けの秘訣」を変えてしまったときもフェレンギの生き方を通そうとしたクワーク。なんて魅力的なんだ!フェレンギらしく生きようとするクワークの姿勢とか、結構好きです。

IMDb からいくつかネタを…

Along with Michael Ansara, John de Lancie and Richard Poe, he is one of only four actors to play the same character on three different Star Trek series (and the only one to be a regular cast member on one of those series).

Michael Ansara(Kang)、John de Lancie(Q)、Richard Poe(Gul Evek) と並んで、スタートレックの別シリーズで同じキャラを演じた4人の一人(そしてシリーズ中でレギュラーキャストは彼だけ)。

うわー、Q以外は意識した事は無いけど、言われてみれば確かにそうだ!

Kang 登場エピソードは以下の通り。
Day of the Dove(TOS : 宇宙の怪!怒りを喰う!?)
Blood Oath(DS9 : 血の誓い)
Flashback(VOY : 伝説のミスターカトー)

Q 登場エピソードは省略。トレッキーならわかるでしょ(^_^;)。

Gul Evek 登場エピソードは以下の通り。
Journey's End(TNG : 新たなる旅路)
Preemptive Strike(TNG : 惑星連邦ゲリラ部隊)
Playing God(DS9 : 宇宙の原型)
The Maquis: Part I(DS9 : 戦争回避(前編))
Tribunal(DS9 : 疑惑の法廷)
Caretaker, Part I(VOY : 遙かなる地球(ふるさと)へ)

Along with Patrick Stewart and Colm Meaney, he is one of only three actors to appear in the pilots of two different 'Star Trek' series. ('Star Trek: Deep Space Nine,' 'Star Trek: Voyager.')
Patrick Stewart(Jean-Luc Picard)、Colm Meaney(Miles O'Brien) と並んで、スタートレックの2つのパイロット版に出演している3人の俳優の一人(DS9 と VOY)。

おお!パイロット版限定で考えれば確かに!

Along with Michael Dorn, he is one of only two actors to appear in eleven different seasons of "Star Trek" ("Star Trek: The Next Generation" Seasons One, Two and Seven, "Star Trek: Deep Space Nine" Seasons One through Seven and "Star Trek: Voyager" Season One.)
Michael Dorn(Worf) と並んで、11のシーズンに出演した2人の俳優のうちの一人(TNG-1,2,7 DS9-全て VOY-1)。

話数で考えたらウォーフはTNG全部とDS9 4thシーズン以降か。これだけ長く出演しているのにウォーフというキャラに飽きがこないのがすごいな。

Armin Shimerman 出演のエピソードは以下の通り。
The Last Outpost(TNG : 謎の宇宙生命体) Letek
Haven(TNG : 夢の人) Wedding Gift Box役
Peak Performance(TNG : 限りなき戦い) DaiMon Bractor 役
Shades of Gray(TNG : 悪夢の果てに) Letek 役
First Born(TNG : クリンゴン戦士への道) Quark 役 !
Caretaker, Part I(VOY : 遙かなる地球(ふるさと)へ) Quark 役 !

ああ、TNG の最初のほうって記憶が曖昧だ…キャラがパッと出てこないや。
11月は誕生日の方、多いですよ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2004.11.03

世間はお休みですね

私は仕事でしたが何か?
23日も出勤です。_| ̄|○

ジョージ・タケイさん、旭日小綬章受章おめでとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.11.01

お前たちを同化する

アクセス解析を眺めていたら見たことがないURLが…
ココフラッシュナビ

このココログでは、ココフラッシュの中から面白そうな話をご紹介していきたいと思います。
というわけで、第1回目に「スタートレック」カテゴリが紹介されましたぁぁぁ!

と書いていますが、リンク先の記事は10/26のものです。orz
スタッフさん、教えてよ。

というわけで、カテゴリ「スタートレック」を作成すると、有無を言わさずココフラッシュに同化されます。
「FF11」と「FFXI」は統合しないのかなぁ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »