« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

2005年5月の記事

2005.05.30

5月30日はColm Meaneyの誕生日

本日は TNG、DS9 の Miles Edward O'Brien 役、Colm Meaney さんの誕生日です。

本人の邪気のない笑顔と、声を当てている辻新八さんのおかげで人が良さそうなイメージですが、本人の声はわりと悪人声ですよね。映画に出演してもけっこう悪役だし。いや、スタートレックでいい人だから、意識して悪役をやっているのかもしれないですが。

DS9 ではクワークとオドの漫才に隠れてしまいがちですが、オブライエンとベシアの漫才もおかしい!どちらの組も、お互いに相手が必要な存在であるにもかかわらず、それをはっきり口に出さないところは同じ。でもオブライエン & ベシアコンビはなんというか、雰囲気が柔らかい。

最近大笑いしたのが、The Bar Association(ロムの反乱)の漫才ですよ。
首の後ろにできものができてしまって、大きくなっているから切ってくれ、と頼むオブライエン。その必要はないよと診断するベシア。
会話なこんなカンジでした。

べ「ほ〜んとだ。首の後ろに脂肪性ののう胞ができてるなぁ。」

オ「でかくなってるんだ。切ってくれないか。」

べ「その必要はないさ。皮膚科学的にいっても心配ない。」

オ「そぉか、心配ないか。首の後ろにでっかいできものができているっていうのにな!じゃぁ、そこに目と鼻と口を書いて、頭が二つになったっていえば切り取ってくれるか?

べ「ペン持ってこようかぁ?」

このとき、ぼへーっと観ていたので隙をつかれて爆笑。できものができたって言ってるのに、「ペン持ってこようかぁ」って!笑いすぎてしばらく立ち直れませんでした…もしかして、ウケ過ぎですか(´・ω・`)

そんな(&larrどんな)コルム・ミーニーさんの新作、Layer Cake。ほぼ主役ですよ!前面に出て大活躍っぽいですよ!
ぜひ予告編をご覧ください(要QuickTime)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.05.29

ENT 小ネタ

一つ前のエントリを書いて思いついたのですが、ENT に出てくる異星人ズィンディ(Xindi)の一種族って、ギャラクシー★クエストのサリスに似ていませんか?

Xindi(下の画像)
サリス

アホなことを考えました _| ̄|○

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.28

ENT + ドラえもん = 既にハリウッドで制作されていた?

年内には日本でも DVD-BOX が出る予定の STAR TREK: ENTERPRISE ですが、すでに視聴率の低下によりシーズン4で打ち切られております。

日本でもシーズン3のレギュラー放送が開始しましたが…なんか変わりましたね…あまり好ましくない変わりようにちょっと「あら?」というカンジです。ずっとあんなカンジだとちょっとやばいなぁ…シーズン4は評判いいみたいなんですが。

さて、ドラえもんに「宇宙ターザン」というエピソードがあります。あらすじはこちらの一番下で読むことが出来ます。

「宇宙ターザン」はのび太くんが大好きな特撮ヒーローものですが、「セットがチャチ」「ぬいぐるみもひどい」という理由でだんだん人気が無くなっていました。のび太くんは、ある日宇宙ターザンの主人公を演じている俳優さんに偶然会い、そこで「視聴率低迷のため打ち切り」ということを聞かされます。

のび太くんはドラえもんに「視聴率上げ機を出せ!さあ出せ!」と脅迫気味に頼み込みますが、もちろんそんな道具はありません。どうにか「宇宙ターザン」を番組継続できないかと考えるのび太くんですが、考えすぎて夕食も食べませんでした。

夜中にお腹がすいたのび太くんは、ドラえもんに何か食べ物を出してくれるように頼みます。出てきたのは「桃太郎印のきびだんご」。これを食べた動物は何でも言うことを聞くようになります(つまり人間の言語が理解できるようになり、さらに命令に服従するように動物の脳を変えてしまうのでしょうか? すごい道具だ)。そこでのび太くんは白亜紀の恐竜にきびだんごを食べさせ、本物の恐竜を使って撮影できるようにしよう、と考えます。

この思いつきは成功し、「宇宙ターザン」は再び人気を取り戻して、番組は継続することになります。

さて、ENTERPRISE。視聴率低迷の原因は「宇宙ターザン」のように「セットがチャチ」「ぬいぐるみもひどい」ではありません。セットや異星人のメイクは前シリーズに比べて進歩しています。が!ここでのび太くんが考えたように、本物の宇宙、本物のスターシップ、未知の技術、本物の異星人を用意したらどうなるか?

テレビ番組が本物の宇宙、本物のスターシップ、未知の技術、本物の異星人を用意されてしまう話…どこかで聞いたことがありませんか?

そう!ギャラクシー★クエスト
ギャラクシー★クエスト

…ここまで書いて思います。やはり内容が面白くないと人気は出ませんよね。決して ENT が面白くないと言っている訳ではありません。が、安易に視聴率を取りに行っていると思われるシーンやシナリオはファンには受け入れられないと思います。何を言っても遅いですけどね。

のび太の「宇宙ターザン」でのセリフ。「落ち目の時にこそおうえんしなくちゃ。」見習わなくちゃなぁ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.05.26

ミスター加藤とのファーストコンタクト

昨日は スタートレック/宇宙大作戦のスールー(ミスター加藤)役、ヂョーヂ・タケイさんのサイン会。

三省堂書店神田本店に行ってきた!

サイン会は18:30開始であったが、17:30頃到着してしまったので、まずは自伝「星に向かって」を購入して整理券をもらう。その後店内をブラブラする。

18:00頃に整列開始。割と前の方に並ぶ。サインの際に名前を書いて頂けるということで、整理券にローマ字表記で名前を書く。仕事を終えて急いでやってきた風の背広姿の人たちが多い。やはり TOS の俳優さんということで、サイン会に集まる年齢層はちょっと高めだ。

並んでいると、声をかけてくださる女性が…「あ★空間通信」のイメカさんだ!ファーストコンタクト。

しばらくして「ホらデッキ」のANCHORさん到着。

そしてサイン会開始。5人ずつ特設会場へ通される。いよいよ自分の組だ。おおっ!目の前にミスター加藤が!ここで目の前の光景に驚愕。私より前に並んでいた方々は、会話して握手して2ショットで写真撮影しているぞ!

事前に「写真撮影はOKだが、2ショットは禁止」と通知されていたが、ご本人が許可してくださったのだろうか。カメラを持ってきて良かった!

そして自分の番。ボキャブラリーの少ない英語でご挨拶をして、握手して頂いた。並んでいる間に何を言おうか考えていたが吹っ飛んでしまい、無難な挨拶。しかし、弟子(妻、ジョグダイヤル信者、最近ノリ突っ込みを憶えた)の紹介だけは忘れず、弟子もタケイさんと握手。

そして3人で写真を撮って頂く。撮影時は全身でにこやかに笑っているつもりだったが、後で見たら全く笑っていなかった。緊張してたな…

どうやらサインには一人一人違うメッセージを書いてくださったようで、私は「My Best」

こんな調子で100人以上の方々にサインして握手してくださったのでしょう。なんて素敵な方だ。

その後、後ろに並んでいるイメカさん、ANCHORさんを待つ。全員集合したところで「お茶でも」ということで近くのスタバへ。しばし歓談。しばらくしてANCHORさんのお知り合いであるセーラーメイさんが合流(ほぼ最後尾に並んでいたそうだ)。

なんとセーラーメ〜さんはこの blog を読んでくださっているとのこと。ありがたや。短い時間でしたが、皆さんと楽しい時間を過ごしました。

タケイさん、スタッフの皆さんお疲れさまでした。ありがとうございました。

| | コメント (7) | トラックバック (2)

2005.05.22

パタリロとバビロン5(その2)

魔夜峰央先生の代表作「パタリロ!」と、アメリカのSFドラマ「バビロン5」にちょっとした類似ネタがあったので、調子に乗って報告する第2弾。

今回もバビロン5のエピソードは Babylon5 Episode Guide を参照させていただきました。

まずは「パタリロ!」。
今回はパタリロ! (第43巻)の「発明しないパタちゃん」というエピソードです。

あるタマネギの父親が、事業に失敗して莫大な借金を背負ってしまいます。期限までに金融業者のゴールドマンに借金を返さないとタマネギの弟、ジュールくんを差し出さなくてはなりません。実はゴールドマンは美少年好きなのです。いろいろあってパタリロの活躍で借金とジュールくんの件は片がつきます。

しかし、ゴールドマンはジュールくんをあきらめられず、あの手この手でパタリロを罠にはめてジュールくんを自分のものにしようとします。ゴールドマンはパタリロの弱点(小銭好き)を巧妙に突いてくるので、ジュールくんの父親は、ジュールくんを知り合いの教団の当主に預けることにします。

さて、その教団「神のともしび教団」には御神体の炎がありました。二千年前、教団の教祖であるトンデモハップン師が小さな修道院でともしてから、現在までずっと絶えることなく燃えている火です。

パタリロは教団内の像の額に幻のダイヤ、アイドルズアイらしき宝石が埋め込まれているのを見つけ、像に登ろうとします。それをやめさせようとしたジュールくんでしたが、もみ合っているうちに御神体の炎を消してしまいます。ジュールくんは大変なことをしてしまいました。

そこへ金融業者のゴールドマンが現れます。実はゴールドマンは神のともしび教団の世話役代表で、多額の寄付をしているのでした。そこでパタリロは、御神体の火を元に戻したらジュールくんをあきらめるようにゴールドマンに持ちかけます。火を元に戻せなかったらジュールくんはゴールドマンのものです。

パタリロはタイムワープ(の能力がある)で二千年前に戻って火を持ってこようとしますが、ちょうど太陽の黒点活動が活発になり、磁気嵐が吹き荒れているせいでパタリロのタイムワープは不可能なのでした。磁気嵐が発生すると地磁気に乱れが発生し、地磁気に乱れがあると時空にゆがみが生じてタイムワープできなくなるのです。

御神体の火をその日のうちに元に戻さなければ、ジュールくんはゴールドマンのものです。パタリロは仕方なく自分がタイムワープできることを打ち明け、磁気嵐が収まるまで待ってくれるように頼みます。しかしそれを聞いた教団の当主は、時間を行き来する行為は神の摂理に背いているのでそんな火は使えないと言い出します。

パタリロはあきらめが悪く、悩みに悩みましたがついに解決策を思いつきます。パタリロは天体望遠鏡と光量増幅器を用意するよう、タマネギに命じます。もうお分かりかと思いますが、パタリロは地球から二千光年離れた星の光を増幅して、その光で再び火をともしたのです。ちなみにジュールくんはゴールドマンが心から自分のことを想っていることを打ち明けられ、自分の意志でゴールドマンのもとへ行ってしまうのでした。
(長くてすまん)

さてバビロン5。
シーズン1、第12話 By Any Means Necessary (ドッキングベイの悲劇) です。
ナーン政府のジ・カー大使はジコンの聖なる祝祭の準備のため、自国からジコンエスの花が運ばれてくるのを待っていました。しかし輸送船はバビロン5のドッキングベイで事故を起こし、花は失われてしまいました。

ジ・カーと仲が悪いセントーリ共和国のロンド・モラーリ大使は、ジコンエスの花を所有していました。モラーリはジ・カーに花を法外な値段で売りつけようとします。ジ・カーはその金額を聞いて一度は拒否したものの、考え直してモラーリに花を売ってくれるよう頼みます。

しかし、モラーリは花を売る気が無くなった、といってジ・カーに復讐します(ナーン政府とセントーリ共和国、ジ・カーとモラーリは、過去の戦争で仲が悪いのです)。ジ・カーはバビロン5の司令官、シンクレアに仲裁を頼みます。

ジコンの聖なる祝祭は、ある特定の日にジコンの山の頂きから昇った太陽の光の元で行わなくてはならず、その時間が迫っている事を説明しますが、モラーリはシンクレアの頼みも断ります。

その後いろいろあってモラーリは花をジ・カーに譲るのですが、それは既にジコンの聖なる祝祭が日の出の時間に間に合わないからでした。しかし、シンクレアはジ・カーに提案します。ナーンの母星からバビロン5までは12.2光年離れており、ジコンの山の頂きから昇った太陽の光がバビロン5に届くにはまだ時間がある、と。
(かなり省略して書いているので、リンク先で詳細なエピソードガイドを読むことをお勧めします)

どちらも光が届くまでの距離が絡んでおり、それが両者とも宗教関係だということが面白いところです。パタリロ! (第43巻)は1990年、バビロン5は1994年です。

生命エネルギーの話にしても、光が届く距離の話にしても、わりとSF系ではありがちでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.20

5月20日はJohn Billingsleyの誕生日

本日は ENT で Dr. Phlox を演じている John Billingsley さんの誕生日です。
アメリカでは ENT 終わっちゃいました…。日本ではシーズン3が放送開始しました!

昨年はいまいちフロックスのキャラが掴めていなかったのですが、シーズン2 を見終えて分かってきました。フロックス、いいキャラですねー。もっとフロックス中心のエピソードを増やして欲しい。もう叶わないけど。

シーズン2 では The Breach(理由なき憎しみ)がいいかなぁ。

フロックスの動物を使った治療法はスタートレック内どころか、ENT の世界でも珍しいらしく、シーズン2の最終話 The Expanse(帰還なき旅)でもトゥポルに言われていました。

でも治療に使う動物のほとんどは画面に映らないんだよなぁ。えさをやるときに檻がガサガサいうくらい。もうちょっと映せ!トリブル以外もみせろ!

写真を見ると、だんだん顔が痩せてきている…撮影日程がきついのか、ダイエットでも始めたのか、ちょっと心配だ。

IMDb をみて感心しました。日本でも放送されている海外ドラマのゲスト出演が多いですねえ。あちこちでこの顔を拝むことが出来るでしょう。
オフィシャルサイトもあるですよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.05.19

最後のセロン人[右黒左白]

TOS Let That Be Your Last Battlefield(惑星セロンの対立)のBele 役、フランク・ゴーシン氏が亡くなったとのこと。
(www.startrek.comの記事

これで右黒左白のセロン人は全滅してしまいました。セロンに対立は無くなりましたが、残念です。
右白左黒のセロン人、Lokai 役の Lou Antonio 氏はお元気です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.17

パタリロとバビロン5

1つだったら書かないでスルーしただろうが、1シーズンに2つも出てきたのでネタにする。
魔夜峰央先生の代表作「パタリロ!」と、アメリカのSFドラマ「バビロン5」に出てきた類似ネタである。今回は1つめ。

バビロン5のエピソードは Babylon5 Episode Guide を参照させていただきました。

パタリロ! (第10巻) に「Fly me to the moon」というエピソードがある。パタリロがはみがきをチュ−ブから出して、また戻そうとするあのエピソ…(バキッ!)

マリネラ航空宇宙局(のとなりの植物園)で働いている不思議な力を持つ青年の話です。彼の名はロビー。宇宙飛行士になって月へいくのが夢です。

彼の不思議な力とは、手をかざすだけでけが人や病人を一瞬にして直してしまう能力。パタリロは彼の能力に目を付け、「月に連れて行ってやるから協力しろ」と少年の能力を使って金儲けを始めます。どんな病気、怪我でも直すことが出来るロビーでしたが、日に日に彼の体は弱って行きます。

ロビーの噂を知ったバンコランがパタリロのもとにやってきます。あるアジアの国の戦争をやめさせるために世界を飛び回っている聖職者、アントニウス枢機卿が脳溢血になってしまったのでした。彼がいたからこそ、戦争中の敵国同士が休戦協定を結ぶつもりになっていたのに、ここで枢機卿が死んでしまっては、戦争が再開してしまいます。

パタリロとロビーは枢機卿のもとへ向かいました。しかし、ここでロビーの能力が判明します。ロビーの能力は他人に自分の生命エネルギーを与える能力だったのです。そのとき枢機卿が危篤状態に陥ってしまいます。パタリロは悩んだ末に、この治療が終わったらロケットで月に行かせることをロビーに約束します。

ロビーは全精力を使って枢機卿を直そうとします。しかし、危篤状態ですから枢機卿を治すためには相当の生命エネルギーが必要です。結局、枢機卿の命は助かり、休戦協定が結ばれ、何万人もの命が救われましたが、ロビーは死んでしまいました。
(長いな…)

そこでバビロン5。
シーズン1、21話「The Quality of Mercy(命懸けの治療!レイク症候群)」でバビロン5に異星人の器具を使って、違法だが無料で人々を治療している医者ローゼンが出てきます。

実はこの器具は処刑の道具で、生命エネルギーを一方から他方へ移動させるものでした。ローゼンは病にかかっており、余命数年でした。

物語の終盤、脱走した犯罪者が逃走中に負傷して、この医師の娘を人質に立てこもります。そしてローゼンに負傷した傷を治すように脅します。しかし、ローゼンは娘を救うために犯罪者に生命エネルギーを移すのではなく、逆に奪って娘を救うのでした。犯罪者は生命エネルギーを奪われて死に、ローゼンの病は完治してしまいます。

物語は全く違いますが、生命エネルギーを移す、という点で一致しているふたつのエピソード(これだけなんだけどね)。
「パタリロ!」10巻は1981年、バビロン5のこのエピソードは1994(1995かも?)年です。

続きを読む "パタリロとバビロン5"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.05.15

昭和の

5/13 のタモリ倶楽部で、タモリが天ぷらを揚げるときに使うのは「昭和の天ぷら粉」だということが判明した。

タモリが作る料理はうまそうだ。料理を作りながらやる小ネタも好きですが。

そこで今回、我が家でも昭和の天ぷら粉を使って天ぷらを作ってみることに…。揚げたのは弟子(妻、ジョグダイヤル信者、最近ノリ突っ込みができるようになった)ですが。タモリが作っているようにころもはうすめ。テレビで映っていたオニオンリング作りましたよ(写真は無しです)。

作ってみたら…美味いよ!ころもがサクサクだ!こんなにあっさりウマくいくとは思いませんでした。

実は我が家では炒飯を作るときもタモリ方式で作っているのです。炒飯は弟子(妻、ジョグダイヤル信者、最近ノリ突っ込みができるようになった)ではなくワタクシの担当。

タモリ方式といっても、中華鍋を煙が出るくらいまでコンロで熱するするだけですが。あとは手早くやれば普通にパラッとできるんですよ。タモリは料理本出したら売れると思うのだが。出さないかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.14

iTMS でシャトナーに出会う

iTunes も 4.8 になってムービー(.mov)も管理、プレイできるようになった。

じゃあ、iTunes Music Store(以下、iTMS)でミュージックビデオでも落としてくるか!と iTMS の "Music Video" を眺める…

……
…………
………………
William Shatner !?

アルバム Has Been の "It Hasn't Happened Yet" がリストにあるじゃないか!クリックしてミュージックビデオをプレイ!(1曲まるまる視聴することができます)

シャトナーが動いてる!ささやいてる!(&larr なんだこの表現わ)

さて、どうやって視聴するかというと、
(1) iTunes を起動して、iTMS の U.S. ストアを開く(通常はU.S. ストアが開くと思う)。
(2) 左のメニューから "Music Videos" をクリック。
(3) "Release Date"の並びで 73番目にマイクを持っているシャトナーの画像が!
(4) クリックすれば "Small", "Large" とサイズを選べるので、お好みのサイズでプレイ

ついでに書いておくと、Mac OS X 10.4 Tiger では QuickTime のキャッシュの場所が変わったらしく、従来の方法では保存できなかった。

…ググりました。MacOSXHints に Tiger での iTMS のミュージックビデオ保存方法が載っていた!
Windows での保存は知らん。すまぬ。

iTMS は日本では曲が購入できないだけで、試聴はできるし、ミュージックビデオも観ることができる。利用したことがない方は、ぜひ一度利用しては?

続きを読む "iTMS でシャトナーに出会う"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.05.13

ENT ファイナルエピソード

今日は5月13日です。何の日でしょう?

STAR TREK: ENTERPRISE の最終話の放送日です。
アメリカ時間で午後8時から 97話 Terra Prime、午後9時から98話 These Are the Voyages...が放送されます。
(リンク先はネタバレの可能性があります。でも予告編ムービーが観れるんだよぅ!)

シリーズを続ける上で、前のシリーズとつじつまを合わせるための制約がきつくなったので、その制限を緩くするために時代を TOS より前に設定したといわれていますが、結局未来でも過去でも関係なかった気がします。

でも、過去の技術、歴史がどのように未来につながるか、それを考えながら視聴するのはなかなか楽しいです。よく言われることですが、ENTERPRISE は前のシリーズの設定を知らなくても楽しめるスタートレックです。でも、前のシリーズを知っているとより楽しめるスタートレックなのです。

日本ではいよいよ来週から、スーパーチャンネルでシーズン3のレギュラー放送開始です。これから週1回、新しいエピソードを観ることが出来るではありませんか!これから毎週楽しみだ!

日本で放送されるまでネタバレせずにいられるだろうか…

続きを読む "ENT ファイナルエピソード"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.05.11

虎でまだいける?

いまさらながら Mac OS X 10.4 Tiger。
ちゃんと発売日に届いたので、その日にインストールしたのですよ。

Cube でもけっこういける。Panther より軽いです。細かいところで待たなくなった。
(しかし iMac が安い…いいなぁ)

いろいろやっているうちに Dashboard でなんか作ってみるかと思って、とりあえず背景画像(png)を作ってみたのですが、なぜか自分が作った png は透過色が透過にならない…

Dashboard に切り替えた瞬間は透過しているのですが、html がロードされると透過が無効になるのです。なぜ?
まあ透過は必須ではないので後回しでもいいけど、ワタクシ、JavaScript はあまり得意ではなかったわ…
ちょっと凝ったことをやろうと思うと、どうすればいいのかすぐに頭に浮かんでこない。まあ、ゆっくり作ろう。

で、iTunes も 4.8 になって mov ファイルも管理、再生できるようになった。www.startrek.com の動画でも登録してみようか? 延々スタートレックの動画が流れ続ける iTunes とかやってみたい。そのまえに mov ファイル落としてこないと。

Tiger で唯一困っているのは、ToyViewer が画像の保存で落ちてしまうこと。ソースからビルドしてもダメだった。仕方ないので作者さんが対応してくれるのを待つことにする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.05

5月5日はMarc Alaimoの誕生日

本日は DS9 の Gul Dukat 役、Marc Alaimo さんの誕生日です。なんと息子さんと娘さんも同じ誕生日なんだそうです。そういうこともあるのねー。

デュカット役はもともと別の俳優さんで決まっていたのですが、スタッフはパイロット版(Emissary: 聖なる神殿の謎)撮影のときにデュカットに存在感を求めていたのですが、どうも最初の俳優さんでは求めている存在感が感じられなかったようで、アライモさんがデュカットを演じることになったようです。

元々の俳優さんがどなたかわからないので比べようも無いですけど、デュカットはアライモさんしか考えられませんよ!デュカットさまーっ!!(&larr 大好き)

劇中ではほとんど憎々しい敵役として描かれていますが、たまーにふっと「デュカットもええヤツじゃ」と思わせてくれます。

Indiscretion(デュカットの娘)でデュカットの娘、ジヤルを探すためキラに同行を求めます。そして目的地の惑星に行き、洞窟内で休憩します。ところがデュカットが座ったところにトゲがあって、キラにトゲを抜いてもらうのですよ。それまでカーデシア人のデュカットと同行して機嫌が悪いキラが、デュカットの尻にトゲが刺さったことで大笑いするのです。

DS9 はこういうの得意よね。デュカットさまーっ!!(&larr 大好き)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.05.04

まるごと20時間最終日

スーパーチャンネル: スタートレックまるごと20時間
最終日は見所といっても実質書けるのは2話なので楽ですよ。

ENT のシーズン3 も楽しみだ!

続きを読む "まるごと20時間最終日"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005.05.03

まるごと20時間2日目

前回のエントリを書いている途中で、「もっと前から書いときゃよかった」と後悔しました。だって今から書いたら調べものが大変ですよ!ホントに。

でも2日目を乗り切れば、最終日のプログラムは楽なので書きますよ。
スーパーチャンネル: スタートレックまるごと20時間」の見所、2日目。
(「見所」っていうから書くのが大変なんだなぁ…)

続きを読む "まるごと20時間2日目"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.05.02

まるごと20時間1日目

盛り上がるときはあちこちでエントリが出てくる「ココフラッシュ: スタートレック」。

しかし、書かないときは誰も書かない。最新エントリは日付が4/23だ。なんということだ(追記: と書いたら新たなエントリが!)。我々はカテゴリ名を統一してココフラッシュに「スタートレック」の名を刻んだではないか。ココフラッシュに名称が刻まれればそれで終わりなのか。
(実際はカテゴリを複数に指定しているがために、ココフラッシュに出てこないエントリもいくつかある)

そんなわけで、頼まれもしないのに、勝手に「スーパーチャンネル: スタートレックまるごと20時間」の見所をお届けする(できんのかよ自分)。

まずは1日目。

続きを読む "まるごと20時間1日目"

| | コメント (6) | トラックバック (1)

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »