« iTunesポッドキャストにENT | トップページ | 荒んでいる »

2005.07.05

親バカの壁。魔夜峰央先生の家庭と子供のボケっぷりちょっとした出来事を描いたものですが、ようやく読みました。前作(親バカ日誌)同様おもしろいですね。また爆笑してしまいました。

娘のマリエさんが男の子とつきあい始めた話が一番笑った(父親の焦りようったら…)のですが、あっさりわかれてしまったので盛り上がらず。残念(何に)。

マリエさんは美術部でマンガを書いているそうですが、トーンを使いすぎて注意されているらしい。ワタクシ、マンガも書いたことありませんし、トーンも使ったことはありませんが、魔夜峰央先生の背景の仕事ぶりってばすごいですよ!

「パタリロ!」を読んでいても、どこにトーンを使っているんだ!っていうくらい手書きの背景ですからね。しかも細かくて手間かかりそうなの。そのレベルを娘に要求していました。すげ。

気になったところ。マリエさん(の話ばかりですね…)が鱧(ハモ)をホモと聴き間違えたとき、「生まれたときからこんな本が家中にあるから染まっちゃったのよ!」と「パタリロ!」を手にして言い訳していましたが、我が家にも魔夜峰央作品が大量にあるだけに、危険ですわ。しかも○女子(弟子)がおるし。

でも、自分に娘がいたら、成長してどのようにそっちに染まっていくか、ちょっとみてみたいと思ってしまうワタクシは親としてどうなんでしょうか。

|

« iTunesポッドキャストにENT | トップページ | 荒んでいる »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

「親バカの壁」良かったですねえ。連載から単行本にまとまるころには何年もたっているため、成長スピードが異様に早く感じてしまいます。

で、うちの娘はすっかり○女子ですよ(笑)
それはもう、私の影響というかなんというか、普段目につく所に無造作に「そっち系」の本がごろごろしてれば、染まるでしょう(笑)
とはいえ、周りになくても染まる人は染まるので、素質の問題だと思いますが。

投稿: aakie | 2005.07.13 00:19

aakieさん
こんにちは。

成長スピードが異様に早く感じてしまいます。
親バカ日誌のときは10歳と8歳でしたね。
いっしょにお風呂に入れなくなる日が来た話とか(笑)

「そっち系」の本がごろごろしてれば、染まるでしょう(笑)
ああ、そうですか。じゃあ女の子ができたら諦めます(笑)

投稿: quark | 2005.07.13 01:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6049/4844457

この記事へのトラックバック一覧です: :

« iTunesポッドキャストにENT | トップページ | 荒んでいる »