« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005年12月の記事

2005.12.31

2005年のスタートレック

ふだんはまとめみたいなことは書かないのですが…

スタートレック公式サイト(www.startrek.com) の In Memoriam: Those We Lost in 2005 で、2005年に亡くなったスタトレ関係者がまとめてあります。

今年は大きくスタートレックに関わった方を何人も失いました。
TOS スコッティ役のジェームス・ドゥーアン氏。7月なんですね。まだそんなに経っていない気がします。

TNG, DS9, VOY のプロデューサー、マイケル・ピラー氏。早すぎる死に愕然としました。ENT の次を作ることができる人物だと思っていましたので非常に残念です。

STAR TREK: The Motion Picture の監督、ロバート・ワイズ氏。たいくつだの眠くなるだの言われますが、TMP のあの壮大な映像は後の劇場版には無いものです。エンタープライズへ乗船するシーンは最高です。

故郷への長い道(IV)、未知の世界(VI)のカートライト提督、DS9 のジョセフ・シスコを演じた ブロック・ピーターズ氏。DS9 のその後が映像化されたとしても、親子の再会シーンを観ることはできません。それでも DS9 ミニシリーズ、実現してもらいたいですね。

TAS のプロデューサー、ノーマン・プレスコット氏。スタートレックシリーズで DVD 化されていないのは「まんが宇宙大作戦」のみ。アメリカでは2006年後半に DVD 化という噂があるようですが、その出来を見届けてもらいたかったですね。パラマウントさん、待ってますよ!

そして、最新シリーズ ENTERPRISE の打ち切り。これが最も気分が沈みました。次シリーズでのスタートレック復活を願うばかりです。

2006年はスタートレック生誕40周年ですね。何かイベントがあるでしょうか。では、また来年。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.12.28

12月28日はNichelle Nicholsの誕生日

本日は TOS のUhura 役、Nichelle Nichols さんの誕生日です。

相変わらず書く時間がないのですが1つだけ。

iTunes Music Store(US)に ニシェル・ニコルズさんのアルバムがあります。

Out of This World
"Out of This World"
&uarr USストアへのリンクです。USのアカウントがないと購入できません。試聴はできます。
(Japanストアでも販売してもらいのぉ)

珍しいところで 8曲目の Theme from "STAR TREK" など。
ニシェル・ニコルズさんが TOS のテーマ曲を歌詞付きで歌っていますので、ぜひ聴いてみてください。

12月の誕生日はまったく書けませんでした。_| ̄|○
いつも読んでくださる皆さま、本当にごめんなさい…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.20

12月20日はNicole deBoerの誕生日

本日は DS9 の Ezri Dax 役、Nicole deBoer さんの誕生日です。

フジテレビの DS9 視聴者が、エズリの姿をみることができるのはまだ先です。
フジはようやくシーズン5ですね…先は長い…

いまは Dead Zone の方が有名なんでしょうかね。

さて、前回の Garrett Wang に続き、今回も誕生日ネタはお休みです。本当にごめんなさい。
以前よりは、少しだけ帰宅時間が早くなりましたが、まだ書く時間はないです…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.12.18

性転換バトン

DaHjaj gheD の yaIba_chaDQI さんからまわってきました
遅くなりましたが、ようやく書く時間ができましたよ。
では、どうぞ。&darr

今、この時点で自分が異性に生まれ変わったものとして以下の質問に答えてください

◆1.朝起きて最初にすること
まぶたを開ける
この答えでないと自分が納得いかないし、相手にも求めそう…orz

◆2.職業
ん〜、何してんだろ。
料理作るとか、洋裁、和裁とか、そっち系。

◆3.どんな相手と付き合いたいか
自分の笑いのネタにつきあえる人。
いっしょに居てもある程度ほっといてくれる人。
(今とまったく変わりません)

◆4.自分の自慢できること
冷蔵庫の残り物で適当におかずを作ること。
たぶん、副菜のバリエーションを豊富に持つ女。
(実際は副菜はあまり作りませんが…)

◆5.どんな格好したいか
TOSの制服(ミニスカート)とクリンゴン女性(胸の谷間が見える)
は一回くらいやってそうです。
(コスプレのことじゃないだろう)

◆6.どこに行ってみたいか
聖飢魔IIのミサ。
いや、男のままでも行けますけど…女性信者は想像を絶する行動をする人がいたりしますから。

◆7.もし生まれ変わったらそんな自分と付き合いたいか
どんな?(笑)
おそらく、つきあう前と後でまったく違う人ですから、
「付き合いたい」と考えることはあるかもしれません。

趣味、思考等を知っていたら付き合いたいと思わないでしょう。

◆8.このまま生まれ変わったままがいいか、それとも元に戻りたいか
男がいい。
女であるとするなら、生まれた時から女性でありたい。
途中で変わるのはダメ、と。

◆9.このバトンを5人の友達に
バトンシリーズで何が難しいって、5人も廻す人いませんよ!

イメカさん
Fozyさん
usayさん

もしご覧になっていたら、時間がある時でよいのでお願い致します。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2005.12.15

12月15日はGarrett Wangの誕生日

本日は VOY の Harry Kim 役、Garrett Wang さんの誕生日です。

楽しみにしていた方、ごめんなさい(いるのか?)。
最近は毎日夜遅くまでおしごとしているので、書く時間がありません。

IMDb のデータでは出演作が少ないですね。何してるんだろ。

変わりにどなたか書きませんか?(マジ)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.12.09

12月9日はMichael Dornの誕生日

本日は TNG, DS9 の Worf 役、Michael Dorn さんの誕生日です。

TNG の最初の頃は、「ただの短気でバカ正直な異星人」程度のイメージでした。ワタクシが最初に観たスタートレックは TNG ですので、最初はクリンゴン人がどういうものかさっぱり分かっておりませんでした。ウォーフにしても、嫌いなキャラではありませんでしたが、好きか?といわれると強烈に好きでもなく…TNG の頃はウォーフを通して描かれるクリンゴンの世界、文化の方に興味が行ってました。

なので、バトラフとかストヴォコーとかモクバラとか、単語の方が強く印象に残っています。

ところが!DS9 でウォーフがレギュラー出演するようになってから、ウォーフは好きなキャラだと言えるようになりました。これも DS9 のおかげ、と言えるでしょうか。ジャッジア・ダックスの前のホスト、クルゾン・ダックスが惑星連邦のクリンゴン大使だったということもあり、DS9 でもクリンゴンについて語られることはありましたが、TNG の時と違ってあまりクリンゴンの世界、文化は見えてきませんでした。

しかし、ドミニオンの登場、そこにからむクリンゴン、という流れでウォーフが DS9 にやってくるわけですが、ウォーフが DS9 に来てくれたおかげで DS9 はとても魅力的なシリーズになりました。ダックスも活き活きするし、マートク将軍は魅力的だし、ウォーフと周囲の人間関係も面白いです。

さぁ!クリンゴンを楽むなら DS9 を観よう!
(個人的に)スタトレ スペシャルイベントでの銀河万丈さん、ありがとう!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »