« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月の記事

2006.04.29

4月29日はKate Mulgrewの誕生日

本日は、VOY で Kathryn Janeway を演じた Kate Mulgrew さんの誕生日です。

www.startrek.comKate Mulgrew 女史のページをみたら、オフィシャルサイトへのリンクが…。前からありましたっけ?(←見逃していたらすまん)

ご本人のオフィシャルサイトは Totally Kate!
これはぜひ見てもらいたいですよ。英語が苦手でもおすすめです。サイト名に Totally と入っているだけあって、高校時代の写真もみることができます。とにかく写真が豊富。ウェディングドレス姿の写真とかもある(もちろん劇中のな)。

若い頃からあまり変わってない!前からあの顔のままなんですね。

ファンと一緒に写った写真も多数掲載。いい人だ…

とにかく見てて飽きないほどたくさんの写真が載っているので、けっこう楽しめます。面白いぞー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.28

【デアゴスティーニ】ベストエピソードコレクション

デアゴスティーニのこのテの本で定期購読者数がダントツ1位らしい「STAR TREK FACT FILES」。このエントリを書いている時点で、250号までの刊行が予定されてます。

大きな声ではいえないが、ワタクシはファクトファイルを購読していない。ラチナムは DVD-BOXに消えてしまうからだ。

そのデアゴスティーニから新たなスタトレ本が刊行されます(←決定した)。「スタートレック ベストエピソードコレクション」という DVD付きマガジン。TNG、DS9、VOY のベストエピソードが収録されています。

実はこいつは全国販売される前に広島で実験的に販売されており、7号で終わってしまっていました。詳細は www.stfan.com で「060302」を検索してください。

www.stfan.com ではマガジンの内容が記載されています。第1号はテーマが「スペースバトル」。収録エピソードは
TNG: The Best of Both Worlds, Part I(浮遊機械都市ボーグ・前編)
TNG: The Best of Both Worlds, Part II(浮遊機械都市ボーグ・後編)
VOY: Dragon's Teeth(亜空間制圧戦争)

DS9 が無いぢゃないか!と心の中で叫んでおこう。あ、「DVD-BOX持っているからイラネ」と思いました? 注目すべきは収録エピソード以外の部分ですね。
舞台の裏側: ボーグ誕生
インタビュー: ケイト・マルグルー(VOY: ジェインウェイ)
詳細研究: ボーグの生命体番号

これは DVD-BOX に収録されていない映像なんでしょうか。もしそうなら、非常に心惹かれます。

第1号は5月23日発売だ。早く詳細を発表してくれ!

TOS、ENT、そしてTAS(MUD)は収録されないのでしょうか。8号以降も出るならぜひ検討して頂きたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.04.22

MUDナレーションの謎を追った

ANCHORさんの「ホらデッキ」で、MUD(←Wikipediaに載る日も近い!?)のナレーションの謎に関するエントリが挙げられていた(MUDナレーションの謎を追え)。

スーパーチャンネルに掲載されているMUDのナレーションは、実際に放映されているバージョンとは別のものであった!その謎を追ったエントリが上記のリンクで語られている。非常に興味深いエントリであった。ホらデッキのエントリをまだお読みでない方は、ぜひ読んで頂きたい。

そのエントリ内でANCHORさんはこうおっしゃっている。

現在聞くことができるMUDのオープニングナレーションはLD-BOXに収録されているものだ。スーパーチャンネルで放映されたものもおそらくLDと同じ素材だと思うが、異なっているならぜひご指摘願いたい。

せっかくなので、スーパーチャンネル放映バージョンのナレーションを検証してみた。というわけで22話分、オープニングだけみたぞ!(笑)

第1~3話バージョン
紀元3000年、幾多の苦難を克服した人類は、ついに銀河系を征服し、ここに巨大な銀河連盟を結成した。我が宇宙パトロール船 《エンタープライズ》号は、この銀河連盟の平和と安全を守るため、今日も、果てしない宇宙を進んで行くのである。

ホらデッキに掲載されていた文言と一字一句違いなし。

第4~22(23)話バージョン
紀元3000年、幾多の苦難を克服した人類は、ついに銀河系を征服し、ここに巨大な銀河連盟を結成した。我が宇宙パトロール船《エンタープライズ》号は、銀河連盟の平和と安全を守るため、今日も、果てしない宇宙を進んで行くのである。

ホらデッキに掲載されていた文言と一字一句違いなし。以上、検証終了。スーパーチャンネルの放映素材は、LD-BOXと同じ素材であると思われます。

さらにもう一つ。

スーパーチャンネル番組紹介ページの「解説」の一番最後に、こう書かれている。

なお日本語版ナレーションは「スタートレック/ディープスペース・ナイン」のシスコ役・玄田哲章が担当。

ナレーション=オープニングのナレーションを指しているのでしょう。

「ホらデッキ」によれば、実際の日本語オープニングナレーションは佐々木功氏(カーク)がアテているそうですが、玄田哲章氏がアテている、という先入観を持って音声を聴くと、確かに玄田哲章氏の声に聴こえます。これはご本人か、当時のスタッフの方に証言して頂くしかないのだろうか?

「まんが宇宙大作戦」…それは人類に残された最後の開拓地である。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006.04.20

4月20日はGeorge Takeiの誕生日

本日は TOS の Hikaru Sulu 役、George Takei さんの誕生日です。

昨年は、神田でサイン会がありました。会社休んで行きました(ミスター加藤とのファーストコンタクト)。あの感動は忘れられません。スタトレ俳優が目の前に!握手!写真撮影!

あの低い声で話しかけられた時は、内心激しく盛り上がっておりました。

そして、そのとき購入したタケイ氏の自伝「星に向かって」を読んでいます。まだ読み終わってません。_| ̄|○

日本人の血が入っているというだけで、いろいろな差別を受けてきた子供時代は読んでいるだけでつらいです。はよ読み進めて、楽しそうなスタトレ出演時代読も。

あ、今年の日めくりカレンダーの写真はフェンシングではありませんでした!(←ちょっと期待していた)

星に向かって―ジョージ・タケイ自叙伝
(Amazon では中古でしか手に入らないっぽいです)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.04.15

まんが成分解析大作戦

このエントリは一つ前の続きです。

で、「成分解析 on WEB」なんですが、右の方に「成分解析メイカー」なるリンクが見えます。オリジナルの成分解析が作れるわけですな。

「スタトレの解析作りたいなー」とも一瞬考えたのですが、ネタがパッと思い浮かばなかったので放置していました。でもANCHORさんが作ったようです!(MUDを解析してみようをご覧ください)

まんが宇宙大作戦解析機試作版

まんが宇宙大作戦にフェレンギは出てこないけど、やってみた!

quarkの60%は銀河連盟と対立する惑星ロムラン軍で出来ています
quarkの21%はアイチャーを安楽死させた村の医者で出来ています
quarkの9%は銀河連盟の平和維持軍で出来ています
quarkの7%は成人の儀式の際に亡くなったスポックで出来ています
quarkの3%は時空を管理する管理官で出来ています

フェレンギの「フェ」の字も出ませんが(←あたりまえ)。
そうか、ワタクシはロムラン、ヴァルカン入ってるんだ。

しかし、「アイチャー」「成人の儀式の際に亡くなったスポック」って、本気で「まんが宇宙大作戦」成分解析だよ!

調子に乗って「mantel」「マンテル」でもやってみた!(はてなダイアリー書いてないなぁ)

mantelの72%は紀元2800年頃の地球の科学者スターボス・ケニクリアスで出来ています
mantelの14%はその初期の文化が面白いオリオン星座で出来ています
mantelの9%は成人の儀式の際に亡くなったスポックで出来ています
mantelの4%はで出来ています
mantelの1%は時空を管理する管理官で出来ています

マンテルの64%はプロテクターバリアで出来ています
マンテルの22%はスポックのペット、アイチャで出来ています
マンテルの6%は銀河連盟の平和維持軍で出来ています
マンテルの4%は「タイムトラベラーが戻りました」宣言で出来ています
マンテルの4%は宇宙連合国で出来ています

成分ひとつひとつがMUD(←全米が泣いた)ファンの魂に火をつけるッ!「プロテクターバリア」「タイムトラベラーが戻りました」宣言て!

完全版をワクワクテカテカして待ちます。
ホらデッキ」にトラックバック送ったのですが、反映されません(泣)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006.04.14

成分解析大作戦

世間で大流行の「成分解析」。
出始めの頃は Windows 版しか存在しておらず、「Mac のオイラには関係ないわ」と思っていたところ、「成分解析 on WEB」なるものが登場。

早速試す。

quarkの57%は花崗岩で出来ています
quarkの18%は歌で出来ています
quarkの9%はマイナスイオンで出来ています
quarkの9%は心の壁で出来ています
quarkの7%は濃硫酸で出来ています

鉱物かよ。「心の壁」って何だ。
調子に乗ってスタートレックの登場人物も試す。一番のヒット作はこの人物。

ライカー副長の77%はやましさで出来ています
ライカー副長の13%はミスリルで出来ています
ライカー副長の6%は理論で出来ています
ライカー副長の3%は心の壁で出来ています
ライカー副長の1%は黒インクで出来ています

77%!ウィルよ、面白いぞ(←しまった、今は艦長だった)
さらに上司まで…

ピカード艦長の66%は下心で出来ています
ピカード艦長の30%は理論で出来ています
ピカード艦長の3%は心の壁で出来ています
ピカード艦長の1%は柳の樹皮で出来ています

ラクサナ・トロイにはバレバレだったなぁ…(笑)

世の中、同じことを考える人は必ずいるもので(笑)、DaHjaj gheD の yaIba_chaDQI さんが既に試してました。
[雑記]成分解析・つづき。(ST編)

yaIba_chaDQI さんとこの結果は、おそらく Windows 版の結果。ワタクシのとこの結果は Web 版の結果です。たぶん作った人が違うので解析結果も変わります。例えば、バークレイの解析結果は、圧倒的に Windows 版の方が面白いです。

Web 版

レジナルド・バークレイの42%はかわいさで出来ています
レジナルド・バークレイの40%はお菓子で出来ています
レジナルド・バークレイの9%は言葉で出来ています
レジナルド・バークレイの5%は気の迷いで出来ています
レジナルド・バークレイの4%は情報で出来ています


Windows 版(yaIba_chaDQI さんとこからコピペ)

レジナルド・バークレイはすべて微妙さで出来ています。

大笑いだ!
[雑記]成分解析・つづき。(ST編)ではさらに笑撃の結果が…(特にカークの結果、スゲー!)
長くなりそうなので一旦切ります。 つづく。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2006.04.08

TNG DVD-BOX が 40%OFF

今日、Amazon をみたらこんな画像が。

は?
www.startrek-dvd.jpを確認したが、そんな情報は記載されていない。Amazon 独自企画か?
各14,000円台なので、ヒジョーにお買い得。持っていない方は買いでしょう。これを逃すと、もう中古でしか入手できませんよ。(詳しくはTNG DVD-BOX出荷停止 を参照)
新スタートレック DVDコンプリート・シーズン1 ― 完全限定スペシャル・プレミアム・ボックス

新スタートレック DVDコンプリート 完全限定スペシャル・プレミアム・ボックス
シーズン 1
シーズン 2
シーズン 3
シーズン 4
シーズン 5
シーズン 6
シーズン 7

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006.04.01

4月1日はGrace Lee Whitneyの誕生日

本日は TOS の Janice Rand 役、Grace Lee Whitney さんの誕生日です。

ジャニス・ランドというか日本語吹替えでは「ジェニー」。TOS の DVD を観よう、観ようとおもいつつ、全然視聴が進まないワタクシですが、ジェニーの出演エピソードを調べてみました。いつの間にか出てこなくなってしまったジェニーですが、どこまでは出演していたんだ?

The Corbomite Maneuver(謎の球体)
Mudd's Women(恐怖のビーナス)
The Enemy Within(二人のカーク)
The Man Trap(惑星M113の吸血獣)
The Naked Time(魔の宇宙病)
Charlie X(セイサス星から来た少年)
Balance of Terror(宇宙基地SOS)
What Are Little Girls Made Of?(コンピュータ人間)
Miri(400才の少女)

あ、「宇宙基地SOS」以外は DVD 観ました!ということはジェニー出演作に関してはほとんど観ているのか(劇場版, VOYは除く)。そして、ワタクシの DVD 視聴がまるっきり進んでいないことを再認識しました…ハァ…

「セイサス星から来た少年」「400才の少女」あたりの印象が強いです。劇場版も見直してみようと思いました…ハァ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »