« 4月20日はGeorge Takeiの誕生日 | トップページ | 【デアゴスティーニ】ベストエピソードコレクション »

2006.04.22

MUDナレーションの謎を追った

ANCHORさんの「ホらデッキ」で、MUD(←Wikipediaに載る日も近い!?)のナレーションの謎に関するエントリが挙げられていた(MUDナレーションの謎を追え)。

スーパーチャンネルに掲載されているMUDのナレーションは、実際に放映されているバージョンとは別のものであった!その謎を追ったエントリが上記のリンクで語られている。非常に興味深いエントリであった。ホらデッキのエントリをまだお読みでない方は、ぜひ読んで頂きたい。

そのエントリ内でANCHORさんはこうおっしゃっている。

現在聞くことができるMUDのオープニングナレーションはLD-BOXに収録されているものだ。スーパーチャンネルで放映されたものもおそらくLDと同じ素材だと思うが、異なっているならぜひご指摘願いたい。

せっかくなので、スーパーチャンネル放映バージョンのナレーションを検証してみた。というわけで22話分、オープニングだけみたぞ!(笑)

第1~3話バージョン
紀元3000年、幾多の苦難を克服した人類は、ついに銀河系を征服し、ここに巨大な銀河連盟を結成した。我が宇宙パトロール船 《エンタープライズ》号は、この銀河連盟の平和と安全を守るため、今日も、果てしない宇宙を進んで行くのである。

ホらデッキに掲載されていた文言と一字一句違いなし。

第4~22(23)話バージョン
紀元3000年、幾多の苦難を克服した人類は、ついに銀河系を征服し、ここに巨大な銀河連盟を結成した。我が宇宙パトロール船《エンタープライズ》号は、銀河連盟の平和と安全を守るため、今日も、果てしない宇宙を進んで行くのである。

ホらデッキに掲載されていた文言と一字一句違いなし。以上、検証終了。スーパーチャンネルの放映素材は、LD-BOXと同じ素材であると思われます。

さらにもう一つ。

スーパーチャンネル番組紹介ページの「解説」の一番最後に、こう書かれている。

なお日本語版ナレーションは「スタートレック/ディープスペース・ナイン」のシスコ役・玄田哲章が担当。

ナレーション=オープニングのナレーションを指しているのでしょう。

「ホらデッキ」によれば、実際の日本語オープニングナレーションは佐々木功氏(カーク)がアテているそうですが、玄田哲章氏がアテている、という先入観を持って音声を聴くと、確かに玄田哲章氏の声に聴こえます。これはご本人か、当時のスタッフの方に証言して頂くしかないのだろうか?

「まんが宇宙大作戦」…それは人類に残された最後の開拓地である。

|

« 4月20日はGeorge Takeiの誕生日 | トップページ | 【デアゴスティーニ】ベストエピソードコレクション »

「スタートレック」カテゴリの記事

コメント

>>MUDナレーションの謎を追った

呼応してくださいましてありがとうございます。

>>せっかくなので、スーパーチャンネル放映バージョンのナレーションを検証してみた。というわけで22話分、オープニングだけみたぞ!(笑)

オープニングだけでも22本見ると結構時間がかかったと思います。その心意気がすばらしい!(笑)

>>以上、検証終了。スーパーチャンネルの放映素材は、LD-BOXと同じ素材であると思われます。

ありがとうございました。これでまたひとつ靄が晴れました。
おそらくDVDもこの素材で作られることでしょうなあ。

>>玄田哲章氏がアテている、という先入観を持って音声を聴くと、確かに玄田哲章氏の声に聴こえます。これはご本人か、当時のスタッフの方に証言して頂くしかないのだろうか?

なるほど、先入観を持って聞くとそう聞こえますか。
「ナレーション」の謎は深まるばかり。

投稿: ANCHOR | 2006.04.24 00:33

> ANCHORさん
>> 呼応してくださいましてありがとうございます。

こういうのは大好きですから(笑)

>> オープニングだけでも22本見ると結構時間がかかったと思います。

実は、ちょっと面倒な作業でした。
というのは、先日MUDの録画を保存しておいた外付けHDDが死にまして…

英語音声バージョンは全話DVDに保存したのですが、日本語吹替えバージョンはDVDに残す前に、後半まるまる失ってしまいました…

そこで、前半部分は無事に残せたDVDで確認し、後半は部屋の奥からVHSテープを取り出して確認したのです。
残しておくもんですねえ(笑)

テーブをビデオデッキに入れたら入れたで、ビデオのリモコンの電池が無くなっており、テープを再生するまで時間がかかってしまいました。

そしてオープニングの音声を聴いて「玄田哲章さんに聴こえるな〜」と思いながら、「紀元3000年〜」を22回聴いたわけです。

投稿: quark | 2006.04.24 23:06

>>実は、ちょっと面倒な作業でした。

なんと。HDDごとデータが失われましたか。恐ろしいことです。

>>残しておくもんですねえ(笑)

残しておくもんですなあ(笑)。

>>テーブをビデオデッキに入れたら入れたで、ビデオのリモコンの電池が

踏んだり蹴ったりとはこのこと……。

>>そしてオープニングの音声を聴いて「玄田哲章さんに聴こえるな~」と思いながら、

聞こえますか~。玄田哲章さんなんですかなあ。

>>「紀元3000年~」を22回聴いたわけです。

まるで何かの素振りみたいです(笑)。

投稿: ANCHOR | 2006.04.26 01:21

> ANCHORさん

>>恐ろしいことです。

異音がするとか、そういったこともなく突然ダメになってしまったので、もうどうしようもありませんでした。

>> 残しておくもんですなあ(笑)。

そんなわけで、スーパーチャンネルの次のMUD放送はいつなのか、とても気になります。
DVD化が先だといいなぁ〜。

>>踏んだり蹴ったりとはこのこと……。

じゃあ、手元にあったスカパーチューナーのリモコンの電池と入れ替えろ!と思ってリモコンのふたを開けたら、単4で。ビデオデッキのリモコンの電池は単3だった(笑)
本気で「ぬおお〜!」と叫んでしまいました。

>> 聞こえますか~。

聴こえるんです〜。

>> まるで何かの素振りみたいです(笑)。

いつでもファイロスを探査できるように、「加藤の投げ」を(笑)

投稿: quark | 2006.04.27 00:23

>>そんなわけで、スーパーチャンネルの次のMUD放送はいつなのか、とても気になります。
DVD化が先だといいなぁ~。

スーパーチャンネルのMUD放送が先か、DVD化が先か。
できればDVD化を先にしてほしいですなあ。

>>本気で「ぬおお~!」と叫んでしまいました。

プロのコント作家でもそんなにうまく台本を書けません(笑)。
「quark家爆笑劇場」でしたなあ(笑)。

>>聴こえるんです~。

そう言われてから聞いてみると、なんかそんなふうに聞こえるような気がしてきました~。
声紋鑑定のソフトでも探すか。

>>いつでもファイロスを探査できるように、「加藤の投げ」を(笑)

ああ、「さっきのキミの」(笑)。あれは日本人ならではの投げですからなあ(笑

投稿: ANCHOR | 2006.04.28 23:20

> ANCHORさん
>> できればDVD化を先に
なんだか、以前にも書いた気がします。
放送の度に言ってそう。

>> 「quark家爆笑劇場」でしたなあ(笑)。
これがまた、家に一人でいる時で。
「何で誰も見てないんだ!(怒)」(笑)

>> 声紋鑑定のソフトでも探すか。
なんとかして比較したいですね〜。

>> ああ、「さっきのキミの」(笑)。
まずは、ケニクリアスに地球を脱出してもらいます。

投稿: quark | 2006.04.29 01:45

>「何で誰も見てないんだ!(怒)」
すみません。

(心の)愛人のライブで大盛り上がりのまま、現地妻の家で女の子達と楽しんでおりました。


でもワタシの日常はいつも一人コントvv

投稿: ひろすけ | 2006.05.02 01:18

> 弟子
まあ、面白いネタってのはそんなもんですよ。

投稿: quark | 2006.05.07 19:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6049/9710115

この記事へのトラックバック一覧です: MUDナレーションの謎を追った:

« 4月20日はGeorge Takeiの誕生日 | トップページ | 【デアゴスティーニ】ベストエピソードコレクション »