« 3月26日はLeonard Nimoyの誕生日 | トップページ | 3月29日はMarina Sirtisの誕生日 »

2008.03.28

STAR GATE SG-1 シーズン2観た

シーズン3も半ばだというのに、ようやくシーズン2の感想などを。さらっとネタバレになっているかもしれないので、未見の人は注意!

"The Gamekeeper"(ゲームキーパー)
Dwight Schultz が出てきた。シーズン1には Armin Shimerman が出ていたが。Dwight Schultz の役が、自分たちの惑星の汚染が除去されるまでホログラムの中で生活する異星人の、ホログラム装置の管理者という設定で、バークレイそのままでも行けそうな感じでおかしかった。

"Thor's Chariot"(トールの宇宙戦車)
アスガード再び登場!簡単には登場せず、出会うまでの謎解きが素晴らしい。しかもちょっとしか登場しないで、またじらしやがって…

"Family"(家族)
アポフィスやっぱり生きてた!あれ?ティルクの奥さんの役者さん替わってる?と思って調べたらやっぱり替わってた。

"Secrets"(シークレット)
アポフィスやりたい放題だな。シャーレを妊娠させてしまうとは…シャーレの父、カザフ役の Eric Avari は劇場版と同じ役者さんだ!この人、ハムナプトラにも出てるよね。エジプトに縁があるなあ…インド人じゃん!ダニエルの行動に泣いた。

"The Tokra"(反逆者たち)、"Tokra 2"(勇気ある共棲共存)
カーターがゴアウルド(じゃなくてトクラ)の宿主になった設定をこう使うか!

"The Fifth Race"(宇宙人・第5の種族へ)
シーズン2のベストエピソードだろう!ついにアスガードとコンタクト!「エンシェント」という単語も登場!アトランティスと繋がってきた。

"A Matter of Time"(ブラックホール)
最初から最後まで緊迫感あり過ぎ!これもベストエピソードだ。わかる人にはわかる量子力学の説明を織り交ぜつつ進行するSG基地の密室劇。面白かった!

"1969"(タイムスリップ)
これもベストに入れちゃう。過去にタイムスリップしたオニール。ソ連のスパイと間違われて名前を聞かれたら「ジェームズ・カーク」て(笑) 1969年じゃ、知らない人もいるだろうに。現在に戻るときの、戻り方がいいわー。

"Out of Mind"(記憶の迷路)
冷凍冬眠から覚めて時代が未来になっているのは、明らかに何者かに捉えられたからだとは思ったが、まさかハトルが出てくるとは思わなかったよ!シーズン2のラスボスとしては、これまでの出演回数が1回だったから、アポフィスに比べると感覚として格が落ちるな。

スターゲイトを通って、その先の惑星で事件が起きて…という、当初考えていたスターゲイトのイメージにようやくなった。シーズン1は劇場版の回収だったので、あまりそういうエピソードはなかった気がする。

前半はそんな感じで「シーズン1の出来が良すぎたか」と思っていたが、後半ベストエピソードを連発!トクラが出てきたあたりからの盛り上がりがスゲエ!

シーズン3も期待。

|

« 3月26日はLeonard Nimoyの誕生日 | トップページ | 3月29日はMarina Sirtisの誕生日 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6049/40659866

この記事へのトラックバック一覧です: STAR GATE SG-1 シーズン2観た:

« 3月26日はLeonard Nimoyの誕生日 | トップページ | 3月29日はMarina Sirtisの誕生日 »