« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月の記事

2008.05.30

5月30日はColm Meaneyの誕生日

本日は TNG、DS9 の Miles Edward O'Brien 役、Colm Meaney さんの誕生日です。

STAR GATE: Atlantis のシーズン1、シーズン2にゲスト出演していたのですが、Coup d'Etat(クーデター計画)でとうとう死んでしまいました。結構好きな敵役だったのに…

しかたないな(´・ω・`)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.05.23

OGaM Part3 公開日決まった

http://www.startrekofgodsandmen.com/newsletter/part3/

STAR TREK : Of Gods and Men Part3 !!
2008年6月15日 17:01(EST) だそうです。日本時間だと6月16日 7:01ですね(+14時間)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.05.20

5月20日はJohn Billingsleyの誕生日

本日は ENT で Dr. Phlox を演じている John Billingsley さんの誕生日です。

この方、日本で視聴できる海外ドラマのゲスト出演がホント多いです。まあ、自分は STAR GATE SG-1 しか観てないんですが。
NYPD Blue
STAR GATE SG-1
Cold Case
Nip/Tuck
CSI : NY
Prison Brake
The Closer
CSI
24
ちゃんと調べたらもっとあるでー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.05.17

STAR GATE SG-1 シーズン4観た

うーむ。最近書く時間がない…
ネタバレ書いてるから、知りたくない人は読まないでね。

"Small Victories"(レプリケイター地球侵入)
レプリケイター(機械虫)はスタートレックでいうボーグね。女王もいるし。違いは人型でない、有機体部分がない、同化するのは生命体じゃなくて船とか機械。
アスガードの新造艦オニール号が大活躍するのを見てみたかった。

"The Outer Side"(地下帝国への救援)
Rene Auberjonois氏(DS9のオドね)ゲスト出演!若本声合わねぇぇぇ!

"Upgrades"(人体改造アームバンド)
こんなツールがあったら、SG-1の作戦は失敗なしだな!と思いきや、このエピソードの山場はオニールの「いやだぁぁぁ!」とうとう来るか?

"Divide and Computer"(洗脳兵器ゼイターク)
とうとう来た!これまでパラレルワールドでのオニールとカーターのカップルは実現していたが、とうとうゼイターク(トクラのウソ発見機)でオニールとカーターの本心が明かされる!キラとオド以上に壁が厚いよ、こりゃ。

"Window of Opportunity"(未完成のタイムマシン)
スターゲイト版「恐怖の宇宙時間連続帯(TNG)」ですね。こっちはスタートレック以上に同じ時間を繰り返す(10時間を3ヶ月くらい)。しかも、時間を繰り返す本人たちは、時間が元に戻ったことを忘れないから、繰り返す時間の中で失敗を恐れずやり放題。お手玉笑った。

"Water Grade"(水の惑星)
Marina Sirtis女史(TNGトロイ)ゲスト出演!ロシアの天才科学者!レプリケイターを倒すために破壊されたと思っていたゲイトはロシアが回収していた!
しかも、ゲイトを悪用していたメイボーンもロシアに逃亡していたとは!
最後、もうちょっと盛り上がると良かった。

"Tangent"(改造デスグライダー)
カーターのセリフに乗せて視聴者に説明される、科学的、数学的説明はいつも納得させられる。面白い。

"Chain Reaction"(陰謀の連鎖反応)
ハモンド将軍じゃなきゃヤダヤダ!しかしメイボーンしつこい。制作側としても使わずに置くのはもったいないんだろうな。とうとう国家反逆罪から自由の身へ。

"Absolute Power"(聖なる洗脳)
"ハルセイサス" シフ登場!と思ったら、なんだかこの後出てこなさそうな感じで終わっちゃったけど、どうなるのかしら。

"Prodigy"(天才問題児)
ついにカーターに張り合える頭脳を持つ天才登場!性格が悪くてもいいじゃない。こういうキャラが出てくると面白いわ。

"Double Jeopardy"(コピー・ロボット)
ハーランは憶えてるけど、惑星ジュナの方を憶えてねえ。SG-1のコピーが出てきて破壊力も2倍!ダニエル・ジャクソン役の Michael Shanks 監督。コピーのダニエルがそれほど活躍せずに破壊されてしまったのは残念だが、監督では仕方ないか。
クロノス倒しちゃったよ。

"Exodus"(超新星大爆発!)
シーズンの締めはやはりアポフィスとの対決!ティルク、撃たれたままアポフィスに連れて行かれたぞ、おい。しかも超新星爆発から逃げたつもりが、爆発の影響で思いっきり遠くの銀河まで来ちゃった上に、目の前にはアポフィスの戦艦+未知の巨大船(敵っぽい)!
そこでシーズン5へ続くのかぁぁぁ!この続き1エピソードで終わるの?

シーズン4は物足りなかったかな。エピソードとしては途中まで面白いんだけど、結末を描くのに時間が足りないというか、あと3、4分でいいから最後までしっかり描いてあると面白いのに、っていうのがたくさんありました。
STAR GATE SG-1 は事件が解決したらホントにそこで終わり!っていう作り方で、スタートレックのように「航星日誌補足…」のような後日談みたいな描写がないので、余韻が残らないというか。
作り方はそれぞれあっていいと思いますが、シーズン4の場合、それが物足りなさに繋がっている感じです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008.05.05

5月5日はMarc Alaimoの誕生日

本日は DS9 の Gul Dukat 役、Marc Alaimo さんの誕生日です。

ワタクシはガル・デュカット好きなのですが、他に同じ意見の方を見かけることはなかなかありません。デュカット好きは少数派なのかな…

ちょっと前になるのですが、デアゴスティーニのベストエピソードコレクション46号に、マーク・アライモさんのインタビューが載っています。

アライモさん、悪人顔なので、ハリウッドに来た頃は悪役ばかり出演依頼が来たそうです。あまりに悪役ばかりなので傷ついていた時期もあるんだそうで…

でもデュカット好きさ!

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008.05.04

携帯電話でトライコーダー?

Gizmodo Japanから
http://www.gizmodo.jp/2008/05/post_3585.html

うん。確かに今の診断装置はデカくて、とても持ち運べるもんじゃない。また、現実にどこまで小型化できてるかはワタクシもよく知りません。

プロセッサを遠隔地に置くのはわかる。だが、スキャナの精度を落とさず、どれだけ小さくできるかはちょっと想像しにくい。診断精度を上げると装置も大きくなるようなイメージがあります。実際どうなんだろ。

ここに出てくるのは超音波だけのようだけど、MRI や CT だからこそ発見できるものだってあるだろうし。あ、それは劇中でたまに見かける定期検診でやるのだな。

22〜24世紀なら、診察時間も診察方法もだいぶ患者に負担がかからないようになっていると思うんだが、クルーたちはなぜか検査を受けたがらないですね。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »