« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月の記事

2008.10.27

10月27日はRobert Picardoの誕生日

本日は VOY の Doctor(EMH) 役、Robert Picardo 氏の誕生日です。

ようやく AXN で新シーズン開始した STAR GATE SG-1 と STAR GATE: Atlants 両方にゲスト出演!
STAR GATE シリーズでは、STAR GATE Command の運営監視と予算管理をする国際監視委員会(←理解が間違ってたらごめん)のウールジィ。
Voyager の EMH と違って、メインキャストに嫌われる役です。

ここからちょっとネタバレ。

SG-1 シーズン10 Morpheus(死への眠り)で、ウールジィは SG-1入りを希望するヴァーラの適性検査に一役買いますが、適性試験後、ヴァーラがウールジィから体を求められたと言い出します。

ウールジィならヴァーラが嘘をついていそうな気がするけど、EMH だったらホントに言ってそうだと思ってしまいました(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.24

The Shuttle Enterprise : NASAのImage Gallery

http://www.nasa.gov/multimedia/imagegallery/image_feature_1204.html

1976年、NASA でスペースシャトル エンタープライズのお披露目写真。

ページ右下の "Download Image" から、お好きな大きさの画像を入手してください。

ところで、

From left to right they are: NASA Administrator Dr. James D. Fletcher; DeForest Kelley, who portrayed Dr. "Bones" McCoy on the series; George Takei (Mr. Sulu); Nichelle Nichols (Lt. Uhura); Leonard Nimoy (Mr. Spock); series creator Gene Rodenberry; and, Walter Koenig (Ensign Pavel Checkov).

って説明があるんだが、ロッデンベリー氏とウォルター・ケーニッグ氏の間は誰じゃい。
シャトナー氏とドゥーアン氏はいないようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.18

デジタルリマスターTOS、シーズン3 DVD-BOX

http://www.startrek-dvd.jp/archives/2008/10/3_1219.html

12月19日(金)発売。シーズン3のリリース早いな。NHK BS の放送が終わってからだと思ったのに。
Amazon のレビューで、ブルーレイ版が出ないから評価を低く付けている人がいるけど、そういう評価の仕方は違うでしょ。CBSパラマウントに要望すればいいのに。

続きを読む "デジタルリマスターTOS、シーズン3 DVD-BOX"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.10.15

10月15日は Mark Lenard 生誕84周年です

本日は TOS, TNG の Sarek 役、Mark Lenard さんの生誕84周年です。

ごめんなさい。当日書けませんでした…

STAR TREK XI でサレックを演じるのは、Ben Cross さんという方。
ザッカリー・クイントのスポックはだいぶハマってるけど、こっちはどうでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.13

STAR GATE SG-1 シーズン9観た

さて、SG-1も全部観て、Atlantis再放送もチェックして、いよいよ新シーズン開始を待つだけ!
シーズン9 のオープニング、ゲイトが CG になってしまった。シーズン8までのセットのゲイトがよかった。CG だと神秘性が無くなる。

いつものようにネタバレあるから知りたくない人は読むなー。

"Avalon Part 1"(アヴァロン 前編)
オニールが抜け、レギュラーキャストにハンク・ランドリーとキャメロン・ミッチェルが加わった。これまでの SG-1 はもう無くなっていて、メンバーはバラバラ。そら、いきなり新レギュラーが加わって SG-1 のリーダーになっても、視聴者が納得しないよね。
しかしミッチェル、なにか期待できそうな要素がないぞ。

ランドリー将軍もハモンド将軍に並ぶ名将かどうかは、今後のエピソード次第。

ストーリーとしてはアーサー王の聖杯探し?
シーズン8 の"Prometheus Unbound"(プロメテウスの受難)に出てきたヴァーラ再登場。視聴者から人気があったのか?
前のエピソードに比べて、だいぶ好感が持てる。でも役割としてはトラブルメーカーだよね。

カーターの出番が少ないので、物足りない(←演じている Amanda Tapping 女史が出産間近だったらしい)。最後の壁に閉じ込められるところもカーターがいれば楽勝じゃないの?

"Avalon Part 2"(アヴァロン 後編)
ドクター・ラムを演じている Lexa Doig さんは、ダニエル・ジャクソン役の Michael Shanks の奥様なのね。へー。

ゴアウルド、レプリケイターに続く敵を考えなくちゃならないのは分かるが、ストーリーが難解。

オニールが床屋のジョーと繋がっていた通信装置を発見。ダニエルとヴァーラが遠くの惑星の別の夫婦に、意識だけ移っちゃった。そこに出てきたオーライ。ああ、ストーリーについていくだけで精一杯だよ。

ジャファのリーダーになりそうなゲラク、うわカリスマなさそう…ジャファはこのあと簡単にまとまらないんだろうなー。

カーターまだ〜?

"Origin"(起源の書)
とにかく新たな敵はオーライなのだが、それを説明するため+レギュラーキャスト入れ替わりでヒジョーに退屈。高みの存在らしいオーライがどれほど強力かまだわからないし、カーターも出てこないし、今後が心配。

オニール、ちょっとだけ登場。このあともゲスト出演はあるみたいだけど、寂しいな…

"The Ties that Bind"(切れない絆)
ダニエルとヴァーラがブレスレットで繋がっているのを切るエピソード、と思ったら切れないじゃないか。ヴァーラ、レギュラー扱いだな。だいぶヴァーラのキャラがつかめてきた。

カーターまだ〜〜〜〜〜?

"The Powers that Be"(奇跡の力)
ヴァーラの性格フォローエピソード。オーライがそうとうヤバいことが分かった。

カーーーターーー!まだ〜〜〜〜〜!(←エピソードが物足りない)

"Beachhead"(スーパーゲイト)
カーター復帰キター━(゚∀゚)━!!
プライアのフォースフィールド破壊が、実はスーパーゲイトを完成させるための罠!これは見事!でもカーターならもっと早く見破ってくれそうなんだけどな…

結局ヴァーラはカーターが復帰するまでのつなぎか。ヴァーラが消えてもダニエルが生きているのでブレスレットの影響もなくなった。あとでヴァーラは再々登場するんだろうね。

"Ex Deus Machina"(今そこにある危機)
ここにきてバール!いままでのオーライ関連エピソードはいいの?
で、バールはクローンをたくさん作って、何度倒しても後から後から出てくる、と。トラストは世界中に散らばっていて、これ倒せるの?これの影響が Atlantis の "Critical Mass"(トラストの罠)に通じるんだな。地味にリンクしてる。

"Babylon"(ソダンの戦士)
Tony Todd 登場!(TNG/DS9 のウォーフの弟、カーンなど)
ソダンの集落のセットが日本ぽい。鳥居とか子供の衣装とか。これだけのためにあんな大掛かりなセットを作ったのかな。

しかし退屈だなー。ミッチェルメインのエピソードはまだ早いと思うよ。

"Prototype"(試作品)
ここにきてアヌビス復活?ええー???オーライ関連だけじゃ1シーズン持たないんだろうってのは想像できるけど、アヌビスはもういいだろう。ジャファ評議会をもっと描いてくれた方がよかったんじゃないかなー?

"The Fourth Horseman Part 1"(罪深き感染 前編)
本格的にオーライが地球を侵攻してきた。オーリン復活!でも子供の姿になって、Sean Patrik Flanery じゃない。残念。
これまでの前後半エピソードと違って、SGCはまったく突破口が見いだせず、予想通りゲラクはオーライに従うことに。しかもプライアになっちゃった。ジャファ連合、ダメ過ぎる…

"The Fourth Horseman Part 2"(罪深き感染 後編)
ソダン再登場。そうだよね、もう一回くらい登場しないとあの大掛かりなセットは作らないよね。
オーライの力は信者の信仰心が源。力を得るために信者を増やしエンシェントを滅ぼすと。高みの存在同士でやればいいのに。あ、それじゃオーライはエンシェントに対抗する力が得られないのか。

ゲラク、最期にジャファとしての名誉は守った。でも結局こういう不幸な最期を迎えるために作られたキャラのような気がして、ちょっとなぁ…

"Ripple Effect"(SG-1がいっぱい)
パラレルワールドからフレイザー軍医が登場!これだけでもうれしいよ。カーターがずらっと並ぶのは楽しい。

「その時が来たら緑のヤツを切れ」
後の伏線か?

"Stronghold"(戦友)
バール、スケールが小さくなったな…

"Ethon"(さらば、プロメテウス)
邦題ネタバレすんな、アホ!"Icon"(アヴィダンの輪)の続き。ナダル大統領、どこかで見かけたなーと思ったら、ER のアンスポー!
あの衛星の攻撃やばいよ。プロメテウスのシールドをあっさり破ったよ。オーライがせめてきたら、地球はボコボコじゃないのか…

"Off the Grid"(怪盗SG-1)
カーター、ついに「おばさん」と呼ばれる…

"The Scourge"(虫、虫、虫)
グロ映像満載。自分は目を背けたりはしませんでしたが。
ラストのオチ、スターシップ・トゥルーパーズ、ナイス。

"Arthur's Mantle"(アーサー王のマント)
リー博士、ダメ(笑)どうしてこういうときは(いつもか)役に立たないんだよ!
装置に表示される言語がエンシェント語なのに、ゲイトアドレスは記号そのままなのな。エンシェント語読めなくていいじゃないか。それじゃダメだろ。
やっとメインストーリーが進展しそうな感じ。

"Crusade"(聖母)
ダニエル、なんか変な感じ、と思ったらヴァーラの意識が入っていてしかも妊娠している。生殖行為なしで妊娠したのは「キリスト」っていうのかと思いきや、「ダース・ベイダー」て。ティルク、上手いこと言う!
ここにきてヴァーラ登場、妊娠して邦題が「聖母」。ヴァーラはオーライシリーズの鍵を握るのか?もうレギュラーにしちゃえよ。
一つ前のエピソードで出てきたアドレスへ、オーライ(だけでなく高みの存在)へ対抗する武器を探しにいくSG-1。
このシーズンを対抗手段探しで引っ張ってくれたらよかったなあ。

レジスタンスのリーダー、シーヴィス役の人どこかで見たー、と思って調べてみたら、ER のスイフト先生!シークエストのハドソン!同じ人だったのか!

"Camelot"(神に抗う者)
前のエピソードがヴァーラ側のエピソードなら、このエピソードはSG-1側のエピソード。今回も謎解きですか。でも対抗武器見つかってない。別のスーパーゲイトからオーライの艦隊登場でカーターは宇宙に置き去り?
オーライに対抗するために団結したジャファ、トクラ、そしてルシアン同盟が集まってもまったく歯が立たない。そうとうやばいよな。もうアスガードは頼りにしないの?

あちこちピンチの状態でエピソードは終わり、シーズン10へ続く…救いは続きがすぐに観られることだな。AXN ありがとう!

さて、シーズン9になってどうなるかと思ったけど、オーライ関連のエピソードはまあいい。面白いと思う。が、シーズン中盤の前後編から"Arthur's Mantle"(アーサー王のマント)までは、つなぎのエピソードでちょっと…
ジョナスと比べると、ミッチェルは1シーズンで私の心をつかんでない。ヴァーラの方がキャラとして魅力があるぞ。ミッチェル大丈夫か?
出番は少ないけど、ランドリー将軍の方がキャラが確立していい味出してる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.09

10月9日はScott Bakulaの誕生日

本日は ENT の Jonathan Archer 役、Scott Bakula さんの誕生日です。

いまは Sci-Fi チャンネル(←音が鳴るので注意)で放送中のタイムマシーンにお願い(Quantum Leap)に釘付け!

なんといっても日本未放映のシーズン3以降が観られるんだ!これだけでも Sci-Fi チャンネルに加入する価値がある!(ウチはパック契約ですが)

贅沢かもしれないが、いまは字幕版しか製作されていないので、日本語吹き替え版も製作して欲しい。引き続き安原義人さんと中村正さんでお願いしますよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.02

10月2日はAvery Brooksの誕生日

本日は DS9 の Benjamin Lafayette Sisko 役、Avery Brooks さんの誕生日です。

とうとう還暦になりました!最近は TV での活躍がないみたい。舞台かな。
Avery Brooks さんは DS9 でいくつか監督してますので、その紹介でも。

Tribunal (疑惑の法廷)
The Abandoned (捨て子の秘密)
Fascination (恋の感謝祭)
Improbable Cause (姿なき連合艦隊(前編))
Rejoined (禁じられた愛の絆)
Body Parts (クワーク、絶体絶命)
Ties of Blood and Water (父死す)
Far Beyond the Stars (夢、遥かなる地にて)
The Dogs of War (自由への叫び)

シーズン2以降は各シーズン1エピソードは監督をして、そのエピソードもジャンル的に幅広い。この中で代表作というと、一般的には Far Beyond the Stars かな。初回で観たときは、 Improbable Cause が一番盛り上がったなあ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »