« スタートレック イントゥ・ダークネスを観た | トップページ | スタートレック イントゥ・ダークネスの9分プレビューを観た »

2013.10.05

スタートレック イントゥ・ダークネス 小ネタ

10月4日で、ほとんどの劇場で公開終了となったと思いますが、まだ上映中の劇場もあるので今回は小ネタ程度で。

  • 挿入歌(中田ヤスタカのInto Darkness等)のプロデューサーの名前が "Charles Scott" さんなので、「チャーリー・スコット」登場!(日本しか通じない)

この後はネタバレ含むので「続きを読む」で。

ファンならば、イントゥ・ダークネス(以降STID)が過去のどの作品をベースにしたものかわかると思いますが、「イントゥ・ダークネス」というタイトルと、劇中に登場する U.S.S. ヴェンジェンスの2つの名称の由来と思われるものが「カーンの逆襲」(以降WOK)のトレイラーに含まれています。

まず、「イントゥ・ダークネス」というタイトルですが、WOK トレイラーの最初でナレーションが "Beyond the darkness" と言っているんですねー。自分でも「おおっ!」と驚きました。

さらにそのあと。
WOK ナレーション: "A genetically superior tyrant, exile to a barren planet"

STID 内でジョン・ハリソンにこんなセリフがあります。
"genetically engineered to be superior so as to lead others to peace in a world at war. But we were condemned as criminals, forced into exile."

U.S.S.ヴェンジェンスの由来と思われるのは、WOK トレイラーの終盤、有名な "KHAAAAAAN !" の後。
"At the end of universe, rise the beginning of the vengeance."

正直、WOK のトレイラーからこんなに小ネタが発見されるとは思いませんでした。
DVD/BD を持っていれば収録されていると思いますので、観てほしいと思います。

|

« スタートレック イントゥ・ダークネスを観た | トップページ | スタートレック イントゥ・ダークネスの9分プレビューを観た »

「スタートレック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6049/58323835

この記事へのトラックバック一覧です: スタートレック イントゥ・ダークネス 小ネタ:

« スタートレック イントゥ・ダークネスを観た | トップページ | スタートレック イントゥ・ダークネスの9分プレビューを観た »