« 2014年8月 | トップページ

2017年9月の記事

2017.09.18

スタートレック BEYOND を観た(いまごろ)(その2)

その1 で書いた通り、日本最速試写会で日本の中では早め(10月5日)に観ることができたのですが、世界では7月公開でした。次回作ではどうなってますかねえ。

さて、初回の感想ですが、

前二作のような痺れるオープニングはまだかなあ?としばらく楽しみに待っていたのですが、エンタープライズが奇襲されるあたりでようやく「あ、これオープニングのタイトル表示ないんだ」と思いました(笑)

「ふさふさの髪に乾杯」で前作 Into Darkness の "James Tiberius Perfect Hair!" もシャトナーさんのことをネタにしているんだなあ、と確信。

ヨークタウンの美麗な映像と曲が最高。しかしプライム・スポックの死が。

エンタープライズが破壊されるシーンの、破壊される部位の順番に納得。

地上に降りてから、エンタープライズのクルー(とジェイラ)をペアにして組ませるストーリー展開に感心。

スポックとボーンズをペアにしてくれて本当にありがとう。これまでボーンズは目立ってなかったので本当に嬉しかった。

笑いどころがたくさんあってよかった。スタートレックを知っている人向け、知らない人向け両方あるのがいい。

今作もスールーの見せ場はドキドキした。成功するとわかっていてもスールーのセリフ、表情全てが最高。

フランクリン船内でクルー全員が意見を出し合って作戦を立てて、カークの "Let's make some noise" の流れは感動的だった。

事件が一件落着した後のプライム・スポックの遺品。泣かずにはいられなかった。

乾杯のシーンのカークのセリフ。チェコフが次作ではいないことが悲しかった。

最後に登場するU.S.S. エンタープライズ 1701-A の文字を見て興奮しているのに、その後クルー全員で "Space, the final frontier..." を繋げていくエンディングをやられて「スタートレック好きでよかった」と心から思いました。

とにかくTOSを思い出させてくれるジャスティン・リン監督の手腕には、心の中で何度もお礼を言ってました。

とまあ、こんな感じだったと思います。

この後2週間くらい後の有楽町の一般試写会では、終わった後におともだちのみなさんと感想を語り合ってそれも楽しかった。Kelvin Timeline3作で最高の出来でした。次作は色々な面で(内容はもちろん、上映期間とか興収とかも) BEYOND を超えてもらいたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スタートレック BEYOND を観た(いまごろ)(その1)

2016年10月の話を今書くのか!っていうかもうすぐ Discovery 開始だから書いておかないとね!

BEYOND は幸運が重なりまして、東宝シネマズの日本最速試写会(ただし世界最遅)、有楽町の一般試写会、東宝シネマズ新宿隣のシネシティ広場のレッドカーペット全て当選しました!(そのあとのジャパンプレミア上映はチケット争奪に参加しませんでした)
2016年の運は全てここに使ったと言ってもいいでしょう。

日本最速試写会では、一部の方だけがもらえるプレスシートいらなそうな方に「よかったらどうぞ」的な感じでもらえちゃいました(偶然プレスシートを譲ってもらったのは嬉しい。しかし、観たくても試写会応募に外れた人のことを考えると、こういう方がいるのはちょっと...)

有楽町の試写会は応募できるところ全部応募したら8割くらい当選してしまって、とにかく来られそうな方々に声をかけてみんなで観にいきました。

有楽町の試写会は、会場全部がスタートレックファンかと思うほどみんな同じところで笑い、泣き、息をのみ、あの雰囲気は本当に楽しかった。とても気持ちがいい。

レッドカーペットは朝から整理券をもらいに並びに行きましたが、列には見知った面子がたくさんいて、始まるまでにワイワイ話しているのが楽しかった。
(スタートレックという競争率があまり高くない映画だったから当選したのでしょうけど)

最速試写会でゲットしたプレスシートを持参しましたが、幸運にも来日したゲスト全員(ジャスティン・リン監督、J.J.エイブラムス、サイモン・ペッグ)からサインを頂くことができました。整理券の順番は早い方ではなかったですけど、ファンサービスの時間をたっぷりとってくれたイベントに感謝です。

一般公開されてからは、行ける上映形態は全部行きました。2D、IMAX、4DX、MX4D、爆音上映、LIVE ZOUND。IMAX はもちろんよかったのですけど、爆音上映もよかった。音響って大事。
(LIVE ZOUNDは座席位置がいまひとつだったので、その効果をいまいち感じられず)

BEYONDの感想は別記事で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年8月 | トップページ