カテゴリー「ペット」の記事

2004.09.19

再会

本日は約1年ぶりにスポットに会いに、Aさん宅へお邪魔してきました。
成長したスポットの姿をご覧ください。

スポットのこれまでのお話はこちら。
その1)(その2)(その3)(その4)(その5)(その6

続きを読む "再会"

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2004.09.16

ねこのおもいで6

その1)(その2)(その3)(その4)(その5

お待たせしました。その6です。
ようやくスポットの面倒を見てくださる方が見つかりました。ついにAさんに引き渡す日が来ました。その日は雨でした。玄関から駐車場までの短い距離を、他の住人に見つからないようにケージをタオルで包んでいきます。

自分の車にたどり着くとすばやくスポットを乗せ、Aさん宅へ出発。高速に乗って約1時間。スポットが乗っているので、いつもより速度は抑えめで。ねこっていうのは車の揺れとか、走行中の音とか苦手なんだろうか。

車が走っている間はスポットをケージの外に出していたのですが、スポットはずっと伏せて微動だにしませんでした。途中、トイレ休憩で車が止まると車内で大暴れです。怖かったのかな。

住所と地図を頼りにAさん宅に到着。ペット可の社宅でした。弟子(妻、ジョグダイヤル信者、○女子、ネコ好き)にAさんに電話してもらって、社宅から出てきて頂く。我々も車を降りてスポットをケージへ入れる。

その時!スポットは置き土産をしてくれました。ケージに入れられる前に運子さんを。車内がくっさー(涙)。Aさんは、お会いした感じでは我々よりやや若めのご夫婦でした。はじめましての挨拶をして、スポットを見せるととても喜んでくださいました。このご夫婦にスポットをお任せして大丈夫だと思いました。

Aさん宅に上がらせてもらって、お茶を頂きながらお話を伺いました。話をしている間、スポットはAさん宅内を歩き回ります。その様子を見て(ただ、あちこち歩き回っているだけ)Aさんはとても喜んでくださっている様子。

ただ、我々のしつけがよくなかったのか、噛み癖がついていました。何でも噛んでます。数ヶ月後連絡をいただいた時も、スポット(この時はAさんが新たな名前で呼んでいますが)にたまに噛まれる、と仰っていました。

予防接種は2回行わなければならなかったのですが、スポットは1回しか受けないうちにAさんにお渡しする事になってしまったので、もう1回分の接種料と1回目の予防接種証明をお渡ししてきました。

しばらくお話しして、いよいよスポットを置いて我々は帰宅しました。別れた寂しさより、スポットが良い環境で安心して暮らせる事を考えて安堵していました。自宅に帰ってきて、久しぶりに静かに夕飯を食べて、スポットが来る前の生活に戻りました。

その日は色々あって疲れたので、さっさと寝ました。ところが、部屋の灯りを消して布団に入ると今まで抑えていた寂しさがこみ上げてきたのか、弟子(妻、ジョグダイヤル信者、○女子、ネコ好き)の目から涙が…

スポットは我々が部屋の灯りを消して布団に入ると、弟子(妻、ジョグダイヤル信者、○女子、ネコ好き)の横で寝ていましたから、それが無くなってしまって…

これでスポットの話は終わりです。
本職?で里親探しをしていらっしゃる方からすれば、ここに書いてきた事は、ねこのために全然足りない事もあったと思います。現在は予防接種も去勢もして、完全室内飼いで昼間に面倒を見てくれる人が居る環境で幸せに暮らしています。

次に引っ越す時はペット可のところにしてみようか、と思いました。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2004.09.12

ねこのおもいで5

その1)(その2)(その3)(その4
ようやく里親探しサイトから問い合わせが来ました。

この里親探しの問い合わせというのがなかなか難しいものでして、登録するときに初めて知ったのですが、最近は飼って育てるためではなく、動物実験のために里親を申し出る人も居るんだそうです。もちろん、大事に育てる、とかなんとかうまいこといって引き取るらしいですが。

で、この初めての問い合わせというのは、そういう怪しさたっぷりというか、たった1行の文章での連絡でした。一応返事してやったんですが、もう二度と連絡は来ませんでした。

そしてまた一週間…里親探しサイト経由で連絡が来ました。
今回は好感触でした!ねこを飼っていた経験有りの方で、文章にも偽装らしい怪しさはありません(以後、Aさん)。

こちらも丁寧に返事をさせて頂き、何度かやり取りをする事になりました。1件問い合わせが来ると、不思議とさらに問い合わせが来ます。ホームセンターの張り紙を見た、という方から連絡がありましたが、その時はAさんの方で育てて頂く方向で話を進めていたので、お断りしました。

そして何度かのメールのやり取りの末、Aさんに里親となって頂く事に決まりました。後はお渡しする日時を決めて、Aさん宅にスポットをお渡しするだけです。

スポット、よかったな。つд`)
つづく

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2004.09.08

ねこのおもいで4

その1)(その2)(その3
えーっ、スタートレックなネタを期待している皆様、そろそろトレックな記事を求めておられるでしょうか ?

さて、スポットをいつまでもウチで飼うわけにはいかないので、里親探し。ネットの里親探しサイトに登録して、スポットを診て頂いた獣医さんのところと、近くのホームセンターのペットコーナーに張り紙しました。

こういうのって、どのくらいで問い合わせが来るもんなのでしょうか ? ねこの状態にもよると思いますが。生後一ヶ月のオスで病気なし、健康体です。問い合わせ殺到かと思ったんですが、全然そんな事はありませんでした。

その間にもスポットはぐんぐん成長していきました。体重は2倍になるし、少しずつ高いところに登るようになってきました。最初は手のりサイズだったんですよ。

毎日の耳掃除が大変でした。耳の中に黒い耳カスがたまるんで、獣医さんから毎日掃除するようにいわれたんですよ。綿棒にクスリを付けて、スポットの耳の黒いのを取るんですが、スポットが成長していくにつれて、労力が増加していきました。

弟子(妻、ジョグダイヤル信者、○女子、ネコ好き)がスポットを軽く抑えて、おれが耳掃除するんですが、徐々に抵抗が激しくなってきて…スポットを抑えている弟子(妻、ジョグダイヤル信者、○女子、ネコ好き)は傷だらけですよ。

そんな感じで2週間くらい経ったかなぁ…やっと里親探しサイトから1件問い合わせが来ました。
まだ続く

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2004.09.06

ねこのおもいで3

前々回の話)(前回の話
こやつがスポット(おれの脳内でのみ有効な名前)です。

&darr バカ写真(ジジのぬいぐるみと一緒に撮っています)

&darr ベストショット ?

写真提供 : 弟子(妻、ジョグダイヤル信者、○女子、ネコ好き)
下に敷いているものはどちらも運子さんで汚されました…
つづく

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2004.09.05

ねこのおもいで2

前回の話
さて、スポット(おれが勝手に心の中で呼んでいるだけで、本当は違う名前である)は最初の一週間くらいは下痢(?)だった。

トイレはあっさり憶えてくれて、きちんと用意した場所でしてくれるのだが、どうも自分で運子さんのコントロールが出来ないような状況であった。朝起きるとその辺にやわらかい運子さんが垂れ流し状態。最初の一週間くらいはこれに悩まされた。

原因はよく分からない。ストレス? 食べ物 ? 日が経つにつれて運子さんはだんだん固くなっていった。垂れ流しも無くなっていった。

スポットは昼間誰もいないときはおとなしいのだが、夜になって我々が帰宅するとあばれた(はしゃいだ)。とにかく人にまとわりつく。かまってもらいたかったのだろうか。

こちらも遊んであげるのだが、それだと夕食の準備もできないので、弟子(妻、ジョグダイヤル信者、○女子、ネコ好き)が夕食の準備、おれがスポットと遊ぶ、ということにした。が、スポットは女好きらしく、おれと遊んでもすぐに弟子(妻、ジョグダイヤル信者、○女子、ネコ好き)の方へ行ったり、狭い隙間に潜り込んでしまうのだった。

そして自分のえさを食べ終えたにもかかわらず、我らの食事にも興味を示す。この時の食事は落ち着かなかった。何でも興味を示すので、片方が食事をして、片方がスポットと遊ぶ、という状態になってしまった。

一度ケージに入れてみたが、にゃぁにゃぁと声を出すので、近所にバレてもマズい、ということになり上記のような食事方法になってしまったのであった。

あれ、里親探しの話を全然書いていない。まだ続くらしい…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.09.04

ねこのおもいで

たぶん、去年の今頃だったと思う。もう一年経つのか…
ある日、仕事を終えて帰宅すると、弟子(妻、ジョグダイヤル信者、○女子、ネコ好き)が猫を拾ってきていた。

職場の駐車場で昼からずっと鳴いていたらしく、気になって帰宅するときに見にいったら、どーしても我慢できなくて拾ってきた、という事だった。現在住んでいるところはペット禁止である

しかし、トイレもケージもえさもしっかり購入済みだし、元の場所に戻して来いとも言えず、どうしようもないので里親探しする事にした。

次の日、朝起きてみるとリビングのクッションにやっちゃってました(小)。まぁ仕方がなかろう。その日、弟子(妻、ジョグダイヤル信者、○女子、ネコ好き)が獣医に診てもらいに行ってきたところによれば、生後約1ヶ月、ということだった。ちなみにオスである。

おれはこれまでペットを飼った事は無い。弟子(妻、ジョグダイヤル信者、○女子、ネコ好き)も無い。ただ、弟子(妻、ジョグダイヤル信者、○女子、ネコ好き)はネコ好きであるため、色々と知識はあったらしく(まあ中途半端なもんですが)、経験の無いおれはそれが頼りだった。

こうしてネコとの生活が始まった。茶トラであったため、おれの中で勝手に「スポット」と命名する。
(スポットというのは当然、データの飼い猫と同じ名前である)

長くなるのでつづく

| | コメント (2) | トラックバック (0)