カテゴリー「映画・テレビ」の記事

2008.10.13

STAR GATE SG-1 シーズン9観た

さて、SG-1も全部観て、Atlantis再放送もチェックして、いよいよ新シーズン開始を待つだけ!
シーズン9 のオープニング、ゲイトが CG になってしまった。シーズン8までのセットのゲイトがよかった。CG だと神秘性が無くなる。

いつものようにネタバレあるから知りたくない人は読むなー。

"Avalon Part 1"(アヴァロン 前編)
オニールが抜け、レギュラーキャストにハンク・ランドリーとキャメロン・ミッチェルが加わった。これまでの SG-1 はもう無くなっていて、メンバーはバラバラ。そら、いきなり新レギュラーが加わって SG-1 のリーダーになっても、視聴者が納得しないよね。
しかしミッチェル、なにか期待できそうな要素がないぞ。

ランドリー将軍もハモンド将軍に並ぶ名将かどうかは、今後のエピソード次第。

ストーリーとしてはアーサー王の聖杯探し?
シーズン8 の"Prometheus Unbound"(プロメテウスの受難)に出てきたヴァーラ再登場。視聴者から人気があったのか?
前のエピソードに比べて、だいぶ好感が持てる。でも役割としてはトラブルメーカーだよね。

カーターの出番が少ないので、物足りない(←演じている Amanda Tapping 女史が出産間近だったらしい)。最後の壁に閉じ込められるところもカーターがいれば楽勝じゃないの?

"Avalon Part 2"(アヴァロン 後編)
ドクター・ラムを演じている Lexa Doig さんは、ダニエル・ジャクソン役の Michael Shanks の奥様なのね。へー。

ゴアウルド、レプリケイターに続く敵を考えなくちゃならないのは分かるが、ストーリーが難解。

オニールが床屋のジョーと繋がっていた通信装置を発見。ダニエルとヴァーラが遠くの惑星の別の夫婦に、意識だけ移っちゃった。そこに出てきたオーライ。ああ、ストーリーについていくだけで精一杯だよ。

ジャファのリーダーになりそうなゲラク、うわカリスマなさそう…ジャファはこのあと簡単にまとまらないんだろうなー。

カーターまだ〜?

"Origin"(起源の書)
とにかく新たな敵はオーライなのだが、それを説明するため+レギュラーキャスト入れ替わりでヒジョーに退屈。高みの存在らしいオーライがどれほど強力かまだわからないし、カーターも出てこないし、今後が心配。

オニール、ちょっとだけ登場。このあともゲスト出演はあるみたいだけど、寂しいな…

"The Ties that Bind"(切れない絆)
ダニエルとヴァーラがブレスレットで繋がっているのを切るエピソード、と思ったら切れないじゃないか。ヴァーラ、レギュラー扱いだな。だいぶヴァーラのキャラがつかめてきた。

カーターまだ〜〜〜〜〜?

"The Powers that Be"(奇跡の力)
ヴァーラの性格フォローエピソード。オーライがそうとうヤバいことが分かった。

カーーーターーー!まだ〜〜〜〜〜!(←エピソードが物足りない)

"Beachhead"(スーパーゲイト)
カーター復帰キター━(゚∀゚)━!!
プライアのフォースフィールド破壊が、実はスーパーゲイトを完成させるための罠!これは見事!でもカーターならもっと早く見破ってくれそうなんだけどな…

結局ヴァーラはカーターが復帰するまでのつなぎか。ヴァーラが消えてもダニエルが生きているのでブレスレットの影響もなくなった。あとでヴァーラは再々登場するんだろうね。

"Ex Deus Machina"(今そこにある危機)
ここにきてバール!いままでのオーライ関連エピソードはいいの?
で、バールはクローンをたくさん作って、何度倒しても後から後から出てくる、と。トラストは世界中に散らばっていて、これ倒せるの?これの影響が Atlantis の "Critical Mass"(トラストの罠)に通じるんだな。地味にリンクしてる。

"Babylon"(ソダンの戦士)
Tony Todd 登場!(TNG/DS9 のウォーフの弟、カーンなど)
ソダンの集落のセットが日本ぽい。鳥居とか子供の衣装とか。これだけのためにあんな大掛かりなセットを作ったのかな。

しかし退屈だなー。ミッチェルメインのエピソードはまだ早いと思うよ。

"Prototype"(試作品)
ここにきてアヌビス復活?ええー???オーライ関連だけじゃ1シーズン持たないんだろうってのは想像できるけど、アヌビスはもういいだろう。ジャファ評議会をもっと描いてくれた方がよかったんじゃないかなー?

"The Fourth Horseman Part 1"(罪深き感染 前編)
本格的にオーライが地球を侵攻してきた。オーリン復活!でも子供の姿になって、Sean Patrik Flanery じゃない。残念。
これまでの前後半エピソードと違って、SGCはまったく突破口が見いだせず、予想通りゲラクはオーライに従うことに。しかもプライアになっちゃった。ジャファ連合、ダメ過ぎる…

"The Fourth Horseman Part 2"(罪深き感染 後編)
ソダン再登場。そうだよね、もう一回くらい登場しないとあの大掛かりなセットは作らないよね。
オーライの力は信者の信仰心が源。力を得るために信者を増やしエンシェントを滅ぼすと。高みの存在同士でやればいいのに。あ、それじゃオーライはエンシェントに対抗する力が得られないのか。

ゲラク、最期にジャファとしての名誉は守った。でも結局こういう不幸な最期を迎えるために作られたキャラのような気がして、ちょっとなぁ…

"Ripple Effect"(SG-1がいっぱい)
パラレルワールドからフレイザー軍医が登場!これだけでもうれしいよ。カーターがずらっと並ぶのは楽しい。

「その時が来たら緑のヤツを切れ」
後の伏線か?

"Stronghold"(戦友)
バール、スケールが小さくなったな…

"Ethon"(さらば、プロメテウス)
邦題ネタバレすんな、アホ!"Icon"(アヴィダンの輪)の続き。ナダル大統領、どこかで見かけたなーと思ったら、ER のアンスポー!
あの衛星の攻撃やばいよ。プロメテウスのシールドをあっさり破ったよ。オーライがせめてきたら、地球はボコボコじゃないのか…

"Off the Grid"(怪盗SG-1)
カーター、ついに「おばさん」と呼ばれる…

"The Scourge"(虫、虫、虫)
グロ映像満載。自分は目を背けたりはしませんでしたが。
ラストのオチ、スターシップ・トゥルーパーズ、ナイス。

"Arthur's Mantle"(アーサー王のマント)
リー博士、ダメ(笑)どうしてこういうときは(いつもか)役に立たないんだよ!
装置に表示される言語がエンシェント語なのに、ゲイトアドレスは記号そのままなのな。エンシェント語読めなくていいじゃないか。それじゃダメだろ。
やっとメインストーリーが進展しそうな感じ。

"Crusade"(聖母)
ダニエル、なんか変な感じ、と思ったらヴァーラの意識が入っていてしかも妊娠している。生殖行為なしで妊娠したのは「キリスト」っていうのかと思いきや、「ダース・ベイダー」て。ティルク、上手いこと言う!
ここにきてヴァーラ登場、妊娠して邦題が「聖母」。ヴァーラはオーライシリーズの鍵を握るのか?もうレギュラーにしちゃえよ。
一つ前のエピソードで出てきたアドレスへ、オーライ(だけでなく高みの存在)へ対抗する武器を探しにいくSG-1。
このシーズンを対抗手段探しで引っ張ってくれたらよかったなあ。

レジスタンスのリーダー、シーヴィス役の人どこかで見たー、と思って調べてみたら、ER のスイフト先生!シークエストのハドソン!同じ人だったのか!

"Camelot"(神に抗う者)
前のエピソードがヴァーラ側のエピソードなら、このエピソードはSG-1側のエピソード。今回も謎解きですか。でも対抗武器見つかってない。別のスーパーゲイトからオーライの艦隊登場でカーターは宇宙に置き去り?
オーライに対抗するために団結したジャファ、トクラ、そしてルシアン同盟が集まってもまったく歯が立たない。そうとうやばいよな。もうアスガードは頼りにしないの?

あちこちピンチの状態でエピソードは終わり、シーズン10へ続く…救いは続きがすぐに観られることだな。AXN ありがとう!

さて、シーズン9になってどうなるかと思ったけど、オーライ関連のエピソードはまあいい。面白いと思う。が、シーズン中盤の前後編から"Arthur's Mantle"(アーサー王のマント)までは、つなぎのエピソードでちょっと…
ジョナスと比べると、ミッチェルは1シーズンで私の心をつかんでない。ヴァーラの方がキャラとして魅力があるぞ。ミッチェル大丈夫か?
出番は少ないけど、ランドリー将軍の方がキャラが確立していい味出してる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.09.21

STAR GATE SG-1 シーズン8観た

最近スタトレ誕生日かスターゲイト感想しか書いてない気がする。
AXN では、SG-1 シーズン10 は、10月14日から放送開始だそうです。
Atlantis シーズン3 は、10月15日から放送開始だそうです。

さて、いつものようにネタバレ書いてるから、知りたくない人は読んじゃダメ。

"New Order Part 1"(新しい秩序 前編)
ウィアーが Torri Higginson 女史に変わった。ドラマ進行中に演じる俳優さんが変わることなんて、何でもないかのよう。

支配階級の代表にいるアマテラス、ぜんぜん日本っぽくねえ(笑)

アヌビスを倒して、次はオニール救出かと思ったらまたレプリケイター?しつこい。系統はスタトレのボーグみたいなもんだが、ボーグほど魅力的じゃないのよねえ…

カーターがレプリケイターにさらわれてフィフス登場!これはマズい。次はアスガード V.S. レプリケイターだな。もう決着付けてくれ。

"New Order Part 2"(新しい秩序 後編)
支配階級は弱いのでほったらかし。メインはレプリケイターとの戦いだな!フィフスの脳内世界、ひでえ。いくらカーターのことが好きでもそんなことしちゃ嫌われるぞ(しなくても嫌われてるけど)。

オニールを南極から転送し、エンシェントの知識を得ようとするトール。トールの船の名がダニエル=ジャクソン(笑)
自分たちを救った英雄をたたえて船の名前に付けるのは分かるが、ストレートにそのままはどうなの。

あっさり対レプリケイターの武器が完成!早すぎる気がするけど、あまり引っ張ってもね。しかしフィフスは取り逃がし、手に入れたニュートロニウムからカーターのレプリケイターを作った!そこまでされると、フィフス気持ち悪いなあ。

SGC の司令官はあっさりウィアーからオニールに交代。これでウィアーが南極に行って、Atlantis がスタートするんだね。この時期同時に放送開始の Atlantis 1〜2話の再放送も観て、ようやく Atlantis と繋がりました。

"Lockdown"(監禁基地)
ロシアから突然やってきたパシロフ大佐。SGC で活躍することになるんだろうか?そんな雰囲気じゃないなあ、と思ったらアヌビス生きてて、パシロフの中にアヌビスがいた!確かにあっさり終わりすぎだと思ったが、そうきましたか。

結局地球を脱出したアヌビス。でもゲイトの行き先を変えられて、乗り移ったパシロフと共に凍ってるけど、これは後でまたアヌビスが出てきそうだ。

"Icon"(アヴィダンの輪)
あー、これは、ラスベガスに行ったときにテレビ付けたら、たまたま放送していたエピソードだ。10分くらいしか見ることができなかったけど、意外に憶えてるもんだなあ。
はい、それだけです。

"Avatar"(ニューゲーム)
こういう SG-1 のゲームが、現実に製作されているのかな?ティルクの強さに合わせて成長するコンピューターとの戦い、なかなか楽しめた。

"Affinity"(危険な隣人)
ティルク、またもセクシーな方が相手!役得ですなあ。イシュタ(Jolene Blalock)の事はいいのかよ!
カーター、ついにピートのプロポーズを受けちゃった!これ、あとで破談になるんだろうね。

"Covenant"(良心の天秤)
前回からでてきた、元NIDのメンバーが構成する The Trust。これからは彼らとの戦いが広がっていくのだろうか。スターゲイト関連の国家機密を世界から秘密にしつつ、彼らと戦うのは苦労しそうだな。
シーズン7の終盤が盛り上がったから、この辺は小粒のエピソードばかりでやや退屈。

"Sacrifices"(愛とプライド)
Jolene Blalock 再登場!それだけだね。

"Endgame"(放たれたVX兵器)
今回も The Trust. いよいよ彼らとの本格的な戦いか!裏にまだ大物がいるのかな。
オシリスの船、そういえば放置しっぱなしだった!スタッフ、よく憶えてたな。

"Gemini"(レプリ・カーター)
レプリケイターのカーター出たー!カーター V.S. カーターという夢の対決。しかもレプリケイターの方が一枚上手。フィフスも騙し、レプリケイターを無効化する武器の対抗手段も手に入れ、急にレプリケイターのエピソードが楽しみになった。
やはり、強力な敵役がいないと、能力だけ高くてもダメなんだな。再び対決するときが楽しみ。

"Prometheus Unbound"(プロメテウスの受難)
ハモンド将軍登場!あ、もう将軍じゃないか。プロメテウスがペガサス銀河のアトランティスへ行くということで、冒頭から期待大のエピソード…と思ったらやっぱりアトランティスには行かないよね。残念。

ここに出てきたヴァーラ、さっぱり背景が分からないので観ていて全然楽しくない。
ダニエルが名乗った名前、ハンスオロて(笑) STAR WARS のハン・ソロだね。
ハモンド救出のため人工呼吸!これは勇気がいる(笑)いろんな意味でドキドキした。

"It's Good To Be King"(王様!万歳)
メイボーン再登場!もう登場しないかと思ったら、王様。久々の現場任務にでてきたオニール。やはりこっちの方が似合うなあ。
パドルジャンパー登場。これはアトランティスの設定が SG-1 に来た数少ない例ですな。
ラストでゲイトをくぐる前のオニール、花束でさよなら。かっこいいねえ。

"Full Alert"(一触即発!米露開戦?)
キンゼイ出た!しぶとい。もう役に立たないだろ、と思ったらやっぱり役立たずだった。ゴアウルド化して結局どうなったのだ? The Trust も結局ゴアウルド化してる。これは地味な戦いになりそう。

"Citizen Joe"(理髪師ジョーの奇妙な夢)
ジョー役の Dan Castellaneta 氏は、シンプソンズのホーマーの声をアテている方なのな!オニールはシンプソンズが大好きだから、ジョーの私生活が見えて大喜びだな、こりゃ(違)

"Reckoning Part 1"(銀河大戦争 前編)
禹、いきなりカーター(レプリケイターの方の)に刺された!禹はこれで終わりか…あっさり過ぎ、でもないな。禹はもうボケてたからな。
ゴアウルド対レプリケイター!
バール対オニール!…と思ったらバールの上位に誰かいる。そんなヤツはこいつしかない!アヌビス!ああーやっぱり生きてた。どうやって戻ったんだ。

そしてジャファの聖地ダカラにエンシェントの武器がある?さて、次回どうなることやら。

"Reckoning Part 2"(銀河大戦争 後編)
いろいろあったが、とうとうエンシェントの武器を入手!レプリケイターはついに全滅。でもダニエルは死んだっぽいんだが、この後ダニエルどうなる?
ジェイコブ(セルマク)大丈夫か。
ジャファもとうとう自由を手に入れたようだ。

いろんなことに決着がついた。残るはダニエル、アヌビス、バールか。

"Threads"(ほつれた糸)
このエピソード、AXN の放送はいつもの45分だけど、ホントは63分のエピソードで、だいぶカットした場面があるんだそうで。DVDにも45分バージョンしか収録していないらしい(違ってたらごめん)。

ああ、忘れてた。ピート、いたねえ。予想通り破談になりました。

ジェイコブ(セルマク)、力尽きた。トクラとの関係はこの後どうなるのだろうか。でも最近はトクラと協力するエピソードがないから、影響ないのかな。
アヌビスとの決着は、ずいぶん地味。オーマがその身を犠牲にしてアヌビスとともに消滅。実体がない、半分高みの存在だからこうなるのかもしれないが、もう一つ山があってもよかったんじゃないか。

ラスト、ダニエルが戻ってくるシーン、旗があってよかったね(笑)

"Moebius Part 1"(時をかけるSG1 前編)
ZPM 発見!しかし紀元前3000年にタイムトラベルしてラーから奪うって…でもペガサス銀河にも行けるって言ってる!これで ZPM を手に入れて、また Atlantis とエピソードが繋がるのか?期待大。

ZPM をあっさり手に入れて、さてこの後どうなるかと思ったら、タイムトラベルに使ったパドルジャンパーが見つかってるよ。そして場面は急に変わり、現代へ。SG-1 のメンバーの未来は大きく変わってしまった。

この後、SG-1の形もない状態から元の時間軸へ戻す展開か!スゴいな。
原タイトル、"Moebius" の意味はこれですね。
しかし、リーダーのオニール、まったくやる気なし。

マッケイゲスト出演。別の時間軸では SGC にいるのか。そしてここでもカーターにセクハラ。おまえ、よく Atlantis にレギュラー出演できたな…

"Moebius Part 2"(時をかけるSG1 後編)
まさかのコワルスキー登場!これはうれしい。別の時間軸の話だといつもコワルスキーのことを憶えているスタッフ、ホント素晴らしい。

ついにパドルジャンパーで出発するSG-1。マッケイはここでもパドルジャンパーを「ゲイトシップ1」と名付けるが、オニールに「ダサっ」って言われた。大爆笑!
(Atlantis を観ていれば分かりますが、「ゲイトシップ1」はAtlantis でもシェパードに否定された)

まずはチューラクに行ってティルクを連れてくるところからね。でもティルクを味方につけて脱出するところで、やはりコワルスキー死亡。やっぱり…つД`)

そしてゴアウルドに寄生された別時間軸のダニエルも死亡し、さらに紀元前3000年へ移動!そこにいたのは正しい時間軸のダニエル!この辺がタイトル通り「メビウス」だなあ。

ゲイトをラーに持っていかせないための作戦実行!はいいんだけど、外でティルクとダニエルが戦っているのに、そこで自分の気持ちを打ち明けるオニールとカーター、そんなことしてる場合じゃないだろ!

さて、シーズン8はあらゆることに決着がつきました。あと2シーズンあるけど何をするんだろう?オニール役の Richard Dean Anderson は、レギュラーから外れます。SG-1 は3人になるのか、それとも新しいメンバーを入れるのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.09.13

STAR GATE シリーズのDVD-BOXが半額

Amazonをだら〜っと眺めていたら…
SG-1, Atlantis 共に50%引き!くそぅ、半額だと思うと欲しいぞ!いつまで50%引きなんだ!

とはいえ、全部買うと10万超える…

スターゲイト SG-1 シーズン1 DVD ザ・コンプリートボックス
スターゲイト SG-1 シーズン1 DVD ザ・コンプリートボックス リチャード・ディーン・アンダーソン

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン  2008-03-07
売り上げランキング : 1631


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
スターゲイト SG-1 シーズン2 DVD ザ・コンプリートボックス
スターゲイト SG-1 シーズン2 DVD ザ・コンプリートボックス リチャード・ディーン・アンダーソン

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン  2008-03-07
売り上げランキング : 3772


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
スターゲイト SG-1 シーズン3 DVD ザ・コンプリートボックス
スターゲイト SG-1 シーズン3 DVD ザ・コンプリートボックス リチャード・ディーン・アンダーソン

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン  2008-03-07
売り上げランキング : 2691


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
スターゲイト SG-1 シーズン4 DVD ザ・コンプリートボックス
スターゲイト SG-1 シーズン4 DVD ザ・コンプリートボックス リチャード・ディーン・アンダーソン

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン  2008-03-07
売り上げランキング : 3730


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
スターゲイト SG1 シーズン5 DVDザ・コンプリートボックス
スターゲイト SG1 シーズン5 DVDザ・コンプリートボックス リチャード・ディーン・アンダーソン, マイケル・シャンクス, アマンダ・タッピング, クリストファー・ジャッジ

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン  2007-05-25
売り上げランキング : 2012

おすすめ平均  star
star遅ぇ〜んだよ、馬鹿カプコン。
starかなり好きですSG−1
starようやく

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
スターゲイト SG1 シーズン6 DVDザ・コンプリートボックス
スターゲイト SG1 シーズン6 DVDザ・コンプリートボックス リチャード・ディーン・アンダーソン, アマンダ・タッピング, クリストファー・ジャッジ, コリン・ネメック

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン  2007-07-27
売り上げランキング : 2301

おすすめ平均  star
starジョナス登場
star怒涛の連続リリース

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
スターゲイト SG1 シーズン7 DVDザ・コンプリートBOX
スターゲイト SG1 シーズン7 DVDザ・コンプリートBOX リチャード・ディーン・アンダーソン, マイケル・シャンクス, アマンダ・タッピング, クリストファー・ジャッジ

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン  2007-08-31
売り上げランキング : 3530

おすすめ平均  star
star待ってました

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
スターゲイト SG-1 シーズン8 DVD ザ・コンプリートボックス
スターゲイト SG-1 シーズン8 DVD ザ・コンプリートボックス リチャード・ディーン・アンダーソン

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン  2007-11-22
売り上げランキング : 7037

おすすめ平均  star
star特典に・・・。
star戦いに決着
starやっと‥‥

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
スターゲイト SG-1 シーズン9 DVD ザ・コンプリートボックス
スターゲイト SG-1 シーズン9 DVD ザ・コンプリートボックス アマンダ・タッピング, マイケル・シャンクス

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン  2008-03-07
売り上げランキング : 5191

おすすめ平均  star
starやっぱりジャックの存在は大きい!
star微妙です・・・
star個人的には星五つです

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
スターゲイト:アトランティス シーズン1 DVD-BOX
スターゲイト:アトランティス シーズン1 DVD-BOX ジョー・フラニガン, トーリ・ヒギンソン, デヴィッド・ヒューレット, レイチェル・ラトラル

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン  2007-04-06
売り上げランキング : 4163

おすすめ平均  star
star海に沈んだアトランティスはスターゲイトの向こうに
starSG-1とは違う面白さがある
starフォード中尉の和訳最高〜!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
スターゲイト:アトランティス シーズン2 DVD-BOX
スターゲイト:アトランティス シーズン2 DVD-BOX ジョー・フラニガン, トーリ・ヒギンソン

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン  2008-03-28
売り上げランキング : 6696

おすすめ平均  star
star音声が小さいので☆4つ
starビバ!★SF★ シーズン3を見るために必見です
star待望のシーズン2だが

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008.08.17

STAR GATE SG-1 シーズン7観た

スタトレ系 blog と自分では思っているのですが、気がつけば STAR GATE のエントリが3連続。なんだこりゃ。

いつものようにネタバレあるから、気にする人は読んじゃダメ。

"Fallen"(裸の人)
ダニエル復活ー!オープニングのメインキャストに名前が入ってる!でもジョナスが外れたorz
ダニエルとジョナスが組んでの任務、面白そうだとおもったらダニエルだけ逃げてジョナス捕らえられたぞおい。

"Homecoming"(狙われた故郷)
ここでケロナが出てくるの、なんで?と思ったらアヌビスがジョナスの記憶から、ナクアドリアを知ったのな。
ダニエルとジョナス、転送リングで脱出したらピンチのカーターの所に降りてくる。予想通りの展開でナイス!
しかし、ケロナの司令官寝返ってアヌビスに付いた!自分だけ生き残ろうというのか、こいつら、どこまでもアホだな。ジョナスがかわいそう過ぎる。
ラスト、ダニエルをかばってジャファに撃たれたジョナス。正直、ここでジョナスは死ぬんだと思った。生きててヨカッタ…つД`)

"Fragile Balance"(不安定なDNA)
オープニングで子供がしゃべったところで「オニールが子供になった!」と分かってしまう。吹き替え声優さん上手いよ!
細かい冗談がいちいちおかしい。

"Lifeboat"(難破船ストロモス)
ダニエルの中に12人の人格が入ってしまったということで、Michael Shanks の演技をひたすら楽しむエピソード。何度もテストするんだろうけど、一瞬でパッと切り替わる表情は見事だった。

"Enemy Mine"(聖なる鉱山)
正直なところ、ウナス関連のエピソードはあまりいいと思ったのがなかったのだけれど、これは別。もっとはやくこういうエピソードを作るべきだったねえ。

"Avenger 2.0"(僕のアヴェンジャー)
シーズン6の "The Other Guys"(捕虜になったSGー1)で活躍(?)したフェルジャー再登場!残念ながら今回はクルムス役の John Billingsley は出演しない。
原語ではスタトレネタがあったらしいが、吹き替えでは分からず。
今回のゲイトシステムにウイルスをばらまくというアイディアはとても面白かった。コメディーも相変わらず、笑いのツボは外さない。

"Birthright"(生きる権利)
Christpher Judge が脚本に参加、はいいんだけど、ゲスト出演の Jolene Blalock(←女性ジャファ役) と仲良くなるエピソードかよ。でも、本人が書かない限りこういうティルクが役得なエピソードはできないらしいんで、まあいいか。
ちなみに Jolene Blalock の吹き替えは沢海陽子さん(スタトレでいうとターシャ、セブン)だった。

"Evolution (1)"(命の泉)
アヌビスが作った戦士怖いよ。マスクの下の顔怖すぎ。ダニエルの方の謎解きもなかなか。さて、ゲリラに捕まっちゃったけどアメリカ合衆国としてはどうやって助けるのよ。

"Evolution (2)"(究極戦士)
結局ダニエルを助けるのはオニール単独。まあそうだよね。
アヌビスの船の中の戦士大量発生!スターウォーズのトルーパーのクローンみたい、つかそのままだね。

"Grace"(グレース)
なんだ?このエピソード?オニールとカーターに何か起こるフラグ?
カーターが助かって現実にオニールがいるところで、「ジャック」と呼んだところにドキッとしてしまった。どんな形であれ、この二人には幸せになって欲しいな。

"Fallout"(堕ちゆく星)
ジョナス再登場!わーい!しかも、Corin Nemec 本人の脚本。自分から売り込んだのかな?もっと出てきて欲しいけど、ケロナ(←ランガラに変わったけど)に尽くすんだろうから、あまり絡まないだろうな。

"Chimera"(夢とロマンス)
サラとダニエルの出会いの記憶から、エンシェントの失われた都市へ通じるアドレスを探ろうとするオシリス、気の長いこと。それにしても「失われた都市」はシーズン6終盤から引っ張ってもう待ちきれないんですが、いつになったら Atlantis に繋がるのでしょうか。こっちは今か今かとハラハラしながら待ち構えているんですが。

カーターにピートという恋人、え〜っ…いらないんじゃないの。

"Heroes (1)"(英雄たち 前編)
なんだろう?取材を通して SGC の日常を伝えようというエピソードなのだろうか。なぜ前後編?
それは後編を観て、前編はばらまかれた種だということに気付く…

"Heroes (2)"(英雄たち 後編)
ブレーグマンが使っていた取材素材の編集装置が Final Cut だった。やっぱりプロの映像編集は Final Cut なのか。
Robert Picado 登場!でも NID でキンゼイ側の人間なの。Atlantis にも出てくるらしいけど、どうなるんだろ。
まさかのフレイザー軍医の死!ずっとオニール死んだのか?と引っ張っておいて、この展開は見事。ラストのカーターの弔辞泣いた。フレイザーが救った人の名前を読み上げてるだけなんだけどな。医者ってすごいな。
そして、フレイザーが救ったウェルズ家に生まれてきた子供は、さんざん男の子といっていたけど、もうダニエルがウェルズの家を訪ねた時点で見えたよ!
女の子が生まれて、名前はジャネットと名付ける、ここでまた泣いた。

"Resurrection"(悪魔の実験)
またラストでダニエルにそういう役を…

"Inauguration"(副大統領就任)
アメリカの大統領が変わって、キンゼイはついに副大統領に。そんなことやってる場合じゃないんだけどなあ。地球が危機にさらされたらキンゼイ責任とれないだろうが。
またしてもゲスト出演の Robert Picardo. ゲスト出演2話目にしてキンゼイのやり方に疑問を抱くように。早いよ!
ここでキンゼイから離れて SGC に協力的になるのかな。Atlantis に出てくるときにどうなっているか楽しみだ!

"Lost City (1)"(失われた都市 前編)
なんだか聞き慣れた声が…Atlantis のエリザベス・ウィアー登場!エピソードタイトルも「失われた都市」だし、とうとう Atlantis が出てくるのか!と思ったら、なんかウィアーの髪の色違うよ…俳優さん別の人だよ!(吹き替えは変わっていない)
オニールの家で何か言おうとしたカーター。ダニエルとティルク、来るタイミング悪いよ!そこは空気読めよ。
ハモンド将軍、SGC の司令官解任。ハモンド将軍じゃなきゃやだーつД`)

"Lost City (2)"(失われた都市 後編)
ついに失われた都市へ向かうオニール!でもそこに Atlantis がないのは分かってるし、アヌビスに対抗できる武器でもあるのかな…と思ったら ZPM ! 南極に行けばそこから Atlantis への道が見えるのか!
と思いきやジャファの裏切り!ああ、ブレイタクここで死ぬの…と思ったらエンシェントのパワーなんでもありね。オニールがブレイタクを治療しちゃった。

大統領が強気に出過ぎたおかげで大ピンチの地球。そこでハモンド将軍に新たな任務!大統領何を考えてる?

キンゼイ、こんなときに自分が生き延びることしか考えてねえ。自分だけアルファ基地に逃げるなんてアリか?予想通りゲイトは開かず。さらに大統領にも見放されてとうとう退場か?

ハモンド将軍、プロメテウスの船長席に座って発進!かっこええええええええええ!目から汗が出た。ハモンド将軍はどこまでかっこよくなるんだ!

オニール、ついに南極のエンシェントの施設へ!Atlantis にも出てきた椅子が登場!エンシェントの遺伝子を持つものが座らないと反応しない椅子だね!興奮しっぱなしです。盛り上がりすぎー!

エンシェントの武器発動でアヌビス艦隊は全滅。アポフィスに比べたらあっさり終わったねえ。しかしオニールは「さよなら」と言ってカプセルに入っちゃった。カーターの表情が…

で、シーズン8はウィアーが SGC の司令官なのね?

てなわけで、シーズン7はこれまでのシーズンで最高の出来だと思います。実はシーズン7終盤は、シーズン7ラスト2話とシーズン8の第1話をまとめて観たのですよ。大興奮の3話でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.08.15

スターゲイトDVDコレクションだとぅ!

デアゴスティーニから、隔週刊スターゲイト DVDコレクションてのが出るみたいです。
http://www.de-club.net/sgd/

通常 1,790円のところ、創刊号は990円で5話収録!(通常は3話収録かな?)
スピンオフの Atlantis が継続中なので、集録話数は未定だそうです。76巻予定らしいから、全話収録しないか、刊行数が増えるかだね。

ちょっと欲しいな。冊子だけ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.08.09

STAR GATE SG-1 シーズン6観た

もうシーズン7の放送も終わって、シーズン8の再放送が始まってしまいました。全然書く暇がなかった。憶えてるかな…。ネタバレあるから注意。

"Redemption (1)"(地球滅亡の危機)
ダニエルがいなくなって、さっくりジョナスがSG-1のメンバーになるのかと思ったらそうじゃないのな。ドレイアクはあっさり死んでしまうし、ライアクはティルクを憎んでるし、アヌビスの攻撃にカーターもマッケイもお手上げ状態。風呂敷たためるのか?と思った。

"Redemption (2)"(地球壊滅防衛作戦)
マッケイ、Atlantis の時のような活躍がないな。役に立たねえ(←ホントはカーターと協力しても解決策が見つからないほど困難な状況)。結局最大の功労者は予想外のライアク。そしてやはりジョナス。
でも地球のゲイトが1つなくなっちゃった。Atlantis にはどうやって行くんだろう。

"Descent"(宇宙母艦の怪)
トールが(意識として)生きていることがわかり、ジョナスは大活躍。STAR GATE はシーズン開始後のエピソードのレベル高い。

"Frozen"(凍結人間)
南極で冷凍状態の人間が見つかったっていうから、てっきりエンシェントと関係あるのかと思ったら全然違った。オニールは意識があったら絶対に拒絶するであろうトクラの宿主になる羽目に。この後オニールに変化があるのだろうか。

"Abyss"(暗黒の奈落)
オニール、トクラの元で治療されてめでたしじゃなかったのか!これキツいな。拷問されて殺されて、石棺で生き返らせられて…の繰り返し。突然ダニエルが出てきたけど、これはちょくちょくゲスト出演するってことか?
でもこの状態で出てこられてもダニエルの魅力が生かされない。うーん。

"Shadow Play"(ナクアドリア爆弾)
Dean Stockwell がゲスト出演!それだけで満足です。エピソードとしては今ひとつだけどね。

"The Other Guys"(捕虜になったSGー1)
John Billingsley(ENT のDr.フロックス役) がゲスト出演。しかもトレッキーな科学者だ(笑)
このときは ENT も放送中。STAR GATE スタッフ、ナイスなセリフだ。
たまにハチャメチャなコメディがあるから見逃せないな。
しかし、STAR GATE に出てくる科学者は妄想が得意だな。カーターは何人にキスすればいいんだ。

"Cure"(トレトニンの恐怖)
万能の治療薬…そうとうやばい副作用があとで発覚するのは明白。しかし、そこでトクラの女王エジェリアなんていうのが出てくるとは思わなかった。

"Prometheus"(宇宙船プロメテウス)
もう出てこないと思っていた John de Lancie 登場!でも宇宙に放出されちゃったから今度こそ終わりだ。プロメテウスの命名のとき、オニールが"エンタープライズ"って名付けようとしたところ、大爆笑。
地球に戻れなくなったところに、アスガード登場!助けにきてもらって一件落着、と思ったらレプリケイターの話に続くのかよ。これは予想外。

"Unnatural Selection"(レプリケーター人間)
正直なところレプリケイター関連はもうそろそろ終わらせて欲しいなあ。SG-1とアスガードが危機的状況に陥るから、ドキドキハラハラするんだけど、レプリケイター側に面白みがないので、楽しくはないんですよ。
ハモンド将軍のオフィスの電話の短縮1番が孫て(笑)。和んだ。
ジョナスとティルク、アイス食べ過ぎ(笑)

"Paradise Lost"(未知の惑星!失楽園)
メイボーン関連もとうとう終わりか…今後は裏からオニールにいろいろ協力するようになると思ったけど、それは都合良すぎでした。

"Metamorphosis"(異形の超能力者)
ニルティ関連終了。感想を書いていて気がついたけど、シーズン6はいろんなエピソードを畳みにいってる。ジョナス、直ったのか?

"Disclosure"(宇宙情報公開会議)
総集編か?でもラストにトールが現れてキンゼイをコケにして去っていくのは気持ちいい。

"The Changeling"(夢の交差点)
ティルク役の Christpher Judge の脚本は独特のものがある。今回もそう。夢の意味がブレイタクとティルクが生き残るための暗示だったとは…

"Prophecy"(予知能力)
ニルティのDNA操作の影響がここで発揮。正直ジョナスはこの後死んでしまって、ダニエルが復帰するんだと思った。
予知をして悪い出来事を回避しようとした行動が、その予知の出来事を引き起こす…ありがちですな。

"Full Circle"(謎の石板)
もう出ないと思ったスカーラ登場。ダニエルも大きくSG-1の活動に関わって、高みの存在のルール大丈夫か?
そしてエンシェントの失われた都市!Atlantis へはいつ繋がるんだ!もう引っ張りすぎだよ!待ちきれないよ!(←スタッフの思惑通り)

新レギュラーのジョナスはいいねー。消えてしまうエピソードもあったけどとにかく観察力、記憶力は抜群。この後ダニエルが復帰したら、ジョナスはどうなるのか…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.07.23

STAR TREK XI の公開日決定

http://www.startrekmovie.com/releasedates/

公式サイトに世界各国の公開予定日が掲載されました!
アメリカでの公開は2009年5月8日ですが、日本は2009年6月6日。STAR TREK としては早い方(←ですよね?)。

あと約1年か。長いなあ。

それから、壁紙が公開されています。
http://www.startrekmovie.com/
から DOWNLOAD をクリックすれば4種類ダウンロードできます。
4種類合わせるとあの形になるようになってます。

| | コメント (9) | トラックバック (1)

2008.07.21

Quantum Leap が面白い

スカパーの Sci-Fi チャンネルで Quantum Leap(タイムマシーンにお願い)を観ています。
(注意 : 思いのほか長文になってしまいました)

これを観はじめたきっかけは、たぶんもう10年以上前だと思うんですが、STAR TREK: The Next Generation なんです。

Super! drama TV(当時は Super Channel)で放送していた TNG を観ているうちに、興味がわいていろいろネットで調べていたのですが、当時は TNG の日本語のサイトなんて両手で数えられるくらいしかなかったので(←もっとあったでしょうけど、Bookmark に登録して毎日読んじゃうくらいのレベル、という意味で)海外のサイトも見にいくんですよ。全部読める訳じゃないですが。

海外の TNG ファンサイトでよく目にした別の作品が、Babylon5 と Quantum Leap でした。調べてみると、当時は Babylon 5 は(記憶が正しければ)まだ日本語化されておらず、Quantum Leap は「タイムマシーンにお願い」というタイトルで放送していることがわかりました。
(長いので以降「タイムマシーンにお願い」= QL で)

TNG を観ている人たちが興味を持っている QL とはどんなドラマなのか?そんな事を思っているうちに、Super Channel で放送が始まりました。観はじめたら徐々にはまっていき、TNG と共に毎週楽しみになりました。

内容はこちらを参照していただけると雰囲気はわかるでしょうか。主役のサム・ベケット役  Scott Bakula は、後の STAR TREK: Enterprise のジョナサン・アーチャー船長です。
さらに相棒のアルバート役 Dean Stockwell は、ENT の Detained(テンダーの囚人)にゲスト出演しています。

ところがこの QL は、日本では不人気だったらしく、全5シーズンだったところ、シーズン2までしか日本語化されていません。中途半端な終わり方にとてもがっかりしました。続きが観たい!面白いよ!

しかし、途中で日本語化が打ち切られた(=不人気)海外ドラマが再び日本語化されるなんて、ほぼ100%無理でしょう。たのみこむにDVD化のお願いをしたりもしました。
(↑まだリクエストは続いているので、リクエストに1票入れてください)

既にアメリカでは全話DVD化されており、コアなファンの中にはリージョン1の DVD-BOX を買う強者もいます。

シーズン3以降はもう観られないのだろうなぁと、ほとんどあきらめていたところ、2008年4月から Sci-Fi チャンネル開局という事を知りました。放送予定番組には、QL も入っていました!

速攻で Sci-Fi チャンネルを視聴チャンネルに追加しました。Super! drama TV に何度か再放送をリクエストしたこともありましたが、これまで再放送はまったくなく、もう観ることができない作品だとあきらめていたのです。

そんなわけで、番組ガイド誌が届いてから放送スケジュールをチェックしたのですが、予想通りシーズン2までしか載っていません。そのあとは第1話からリピート放送です。

それでも全然観られないよりはそうとうマシなわけで、十数年振りに QL を観ました。やっぱり面白いです。

ところで QL の放送スケジュールなんですが、月〜金毎日放送と土日毎週放送の2通りありました。月〜金の録画じゃレコーダーのディスク容量がすぐに一杯になりそうだったので、土日放送の方を録画していました。

月〜金放送は素材がシーズン2までなもんだから、毎週5話進んであっというまに最後まで放送してまた最初からリピートするのです。4〜6月で3回くらいリピートしたんじゃないでしょうか。一方、土日放送は毎週2話しか進まないので、6月末でようやくシーズン2終盤です。

ところがここで事件が起きます。「シーズン2までしか観られないけど、しかたがないよね」などと思っていたら、7月から字幕版のみですが、シーズン3を放送するという情報を得ました!続きを観られることなんて思っていなかった私には、そうとうな衝撃です。大喜びです。

さて、放送スケジュールの話に戻るのですが、シーズン3の放送は7月1日からでした。で、よくよく6月の放送スケジュールを調べてみたら、土日放送はシーズン2が終わらないまま7月を迎えてしまうのでした。
(平日も途中で終わるけど、シーズン2最終話までは一通り放送済み)

もう Sci-Fi チャンネルの方針は訳がわかりません。そういうのはちゃんと調整して放送するんでないの?具体的には土日放送で放送していないエピソードは

Pool Hall Blues(ハスラー・ブルース)
Leaping In Without a Net(決死の空中ブランコ)
Maybe Baby(赤ちゃんは誰のもの?)
Sea Bride(船上の花嫁)
M.I.A.(非情のクォンタムリープ)

です。5話も…
慌てて番組表を確認しましたが、気づいたときはもう遅く、シーズン2を全話録画することは不可能でした。

平日放送の方を確認して、Pool Hall Blues(ハスラー・ブルース)と Leaping In Without a Net(決死の空中ブランコ)までは放送しているようだったので、あわてて録画しました。
まさか、こんな罠があるとは思わなかったよ orz

もう一つ。Disco Inferno(炎のスタントマン)だけは放送されていません。エピソード中に何かマズい表現でもあった?それとも素材の保存状態に問題があった?

そういうわけで、QL シーズン2 の再放送を希望。放送している番組本数が少ない Sci-Fi チャンネルだから、もう一度再放送しそうだが、日本の Sci-Fi チャンネルは公式サイトが存在しない。番組リクエストするには、直接電話するかスカパーのサイト経由するしかないみたいです。

ちなみに、録画の方はようやく So Help Me God(真実の法廷)まで観ました。この付近のエピソード

The Americanization of Machiko(花嫁はヤマトナデシコ)
Jimmy(がんばれジミー)
So Help Me God(真実の法廷)

はレベル高過ぎる。ベストエピソード連発。次も楽しみ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008.06.09

STAR GATE SG-1 シーズン5観た

そろそろ、地上波で放送されていないシーズンに来たでしょうか?
地上波の放送に付いて調べたんだけど、結局どこまで放送されていたか分からず…シーズン5か6か?
ネタバレあるので、注意。

"Enemies"(理由なき反抗)
シーズン4最後に現れた敵らしい船はレプリケイター!そしてアポフィスたちもレプリケイターには勝てず。ティルクが洗脳され、絶望的。しかし、1エピソードで元の銀河系帰還、レプリケイター退治、アポフィスの死、と描いたのはスゴい。

"Threshold"(マインドコントロール)
ティルクの洗脳はアポフィスが死んでも解けず。SG-1にはたびたび出てくるけど、狂信者は理解出来ない。

"Ascension"(異星の恋人)
John de Lancie(STAR TREK の Q)、SG-1に初登場!なんだけど、 このエピソードは異星人役の Sean Patrik Flanery にビックリしました。「インディ・ジョーンズ 若き日の冒険」の青年時代のインディアナ・ジョーンズじゃないか!こんなところでまた観られるとは。

"Red Sky"(翳りの太陽)
絶滅寸前の人々を救うために、その人たちの信仰を否定するような発言、行動をしなければならない場合もあるのでしょう。これ系の話は、信仰を貫いて死の道を選ぶ人の考えがわからないので、怖いです。

"Between Two Fires"(イオン砲の陰謀)
ナリム、いくら自宅のシステムだからって、カーターの声を音声に使うのはやり過ぎだろう。とうとうトランも全滅。シーズン4の最後で船が一隻逃げたのをここで使うとは!確かにタニスはあの時居たし、忘れてたよ!

"2001"(未来からの警告)
シーズン4で描かれた未来のアッシェンとのエピソードの続き!これは良い。ファクソン勇者だ。

"Desperate Measures"(ゴアウルド移植 危機一髪!)
メイボーン出たー!ひげを蓄えてカッコ良くなった(笑)いままでそうでもなかったけど、急に愛すべきキャラに変わった!John de Lancie 演じるシモンズは、まだ何か隠してそうで、期待大。

"Wormhole X-treme!"(過激なワームホール)
マーティン再登場!シーズン5はシーズン4から続くエピソードが多い?このエピソードを考えた Brad Wright よくやった!「どうして壁を通り抜ける装置を使った時、床は通り抜けないのか?」それは言っちゃダメ(笑)!

"Proving Ground"(SG基地 SOS)
最後まで訓練だということは明かされないけど、まあ、分かりますよね。ヘイリー再登場!訓練というよりドッキリだな。

"48 Hours"(48時間!タイムリミット)
マッケイ キタ━━(゚∀゚)━━ !!!!! 後に Atlantis のレギュラーとなる訳ですが、吹き替えの声違うから、印象違うなー。
このエピソードの前に、Atlantis にカーターがゲスト出演した Grace Under Pressure(深海の女神)を見直したのですが、マッケイ、ヒドいわ。いくら自分の想像でもアレはないよ。このエピソードを観て改めて思う。マッケイ、ヒドいわ。
メイボーン登場!わーい。すっかりメイボーン好きになってしまった。
タニス、あっさり死んじゃったけどもったいなくない?
John de Lancie さんもとうとうSG-1出演最後か?

"Summit"(宇宙サミット)
SGチーム候補生だったエリオット再登場。初任務だねー…宿主になっちゃった。いろいろと神様の名前が出てきてワクテカ。オシリスが登場し、アヌビスの存在が明かされる!アポフィスの次の敵はアヌビスな訳ですね。

"Last Stand"(脱出作戦の囮)
ああ、やはりエリオットは…最後まで描かれないところが逆に印象的に。

"Fail Safe"(小惑星激突の危機)
アルマゲドンか!と思わせてちゃんとSG-1色が出てる。緊迫状態のオニールのジョークは最強ですよ。「こんなの映画にはなかったぞ!」
ハモンド将軍はいつもカッコいいなあ。

"The Warrior"(卑劣な罠)
ティルク役の Christopher Judge の原案。これまでの SG-1 とはちょっと系統が違うエピソードでした。

"Menace"(レプリケーター誕生の秘密)
ラストでダニエルが悲しむのは有りだ。が、このエピソードではリースが最初からウソを連発していて、観ていて好きになれない。たぶん、この後アスガードが解析して、レプリケイターへの対抗手段を見つけるんでしょうね。
ところで、表記が「レプリケイター」から「レプリケーター」に変わりましたよね?

"Meridian"(友よ 永遠に)
ええー!まさかのダニエルの死!いや、高みの存在へ行ったというべきか。最初に被爆したって言った時点で、「これは助からない。死ぬエピソードだ」とは思いましたが、次のエピソードにも Michael Shanks はクレジットされてる。回想に出てるから?シーズン6はどうなるのか!ダニエルはどうやって戻ってくるのか!楽しみですな。
(ラスベガスに行った時、さらに先の SG-1 をちらっと観たのでダニエルが戻ってくるのは分かる)

"Revelations"(絶滅の危機を救え!)
いよいよアヌビスとの戦いが本格的に始まる!序盤でいきなり「トールは死んだ」って言うからビックリしたのに、ちゃんと生きてるよ。ハイムダールの声は、フレイザー役の Teryl Rothery が演じてた。クレジットされなかったらスルーしてたな。これまでトールの声を Michael Shanks が演じていたの、知らなかったよ。
アヌビス、顔が見えないんだが中はどうなっているの?そして今までゴアウルドが持っていなかった技術はどこのもの?また新たな異星人が出てくるんだろうか。珍しく次シーズンに続かず。

このシーズンは盛りだくさんでした。前シーズンまでにまいておいた種が上手く育った。アポフィスを葬って別の敵を登場させたのが良い。アポフィスはあまり強い印象なかったし。とうとうシーズン5を観終わって、SG-1半分終わりました。
Atlantis に繋がるにはもうちょっとかかるなあ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.05.17

STAR GATE SG-1 シーズン4観た

うーむ。最近書く時間がない…
ネタバレ書いてるから、知りたくない人は読まないでね。

"Small Victories"(レプリケイター地球侵入)
レプリケイター(機械虫)はスタートレックでいうボーグね。女王もいるし。違いは人型でない、有機体部分がない、同化するのは生命体じゃなくて船とか機械。
アスガードの新造艦オニール号が大活躍するのを見てみたかった。

"The Outer Side"(地下帝国への救援)
Rene Auberjonois氏(DS9のオドね)ゲスト出演!若本声合わねぇぇぇ!

"Upgrades"(人体改造アームバンド)
こんなツールがあったら、SG-1の作戦は失敗なしだな!と思いきや、このエピソードの山場はオニールの「いやだぁぁぁ!」とうとう来るか?

"Divide and Computer"(洗脳兵器ゼイターク)
とうとう来た!これまでパラレルワールドでのオニールとカーターのカップルは実現していたが、とうとうゼイターク(トクラのウソ発見機)でオニールとカーターの本心が明かされる!キラとオド以上に壁が厚いよ、こりゃ。

"Window of Opportunity"(未完成のタイムマシン)
スターゲイト版「恐怖の宇宙時間連続帯(TNG)」ですね。こっちはスタートレック以上に同じ時間を繰り返す(10時間を3ヶ月くらい)。しかも、時間を繰り返す本人たちは、時間が元に戻ったことを忘れないから、繰り返す時間の中で失敗を恐れずやり放題。お手玉笑った。

"Water Grade"(水の惑星)
Marina Sirtis女史(TNGトロイ)ゲスト出演!ロシアの天才科学者!レプリケイターを倒すために破壊されたと思っていたゲイトはロシアが回収していた!
しかも、ゲイトを悪用していたメイボーンもロシアに逃亡していたとは!
最後、もうちょっと盛り上がると良かった。

"Tangent"(改造デスグライダー)
カーターのセリフに乗せて視聴者に説明される、科学的、数学的説明はいつも納得させられる。面白い。

"Chain Reaction"(陰謀の連鎖反応)
ハモンド将軍じゃなきゃヤダヤダ!しかしメイボーンしつこい。制作側としても使わずに置くのはもったいないんだろうな。とうとう国家反逆罪から自由の身へ。

"Absolute Power"(聖なる洗脳)
"ハルセイサス" シフ登場!と思ったら、なんだかこの後出てこなさそうな感じで終わっちゃったけど、どうなるのかしら。

"Prodigy"(天才問題児)
ついにカーターに張り合える頭脳を持つ天才登場!性格が悪くてもいいじゃない。こういうキャラが出てくると面白いわ。

"Double Jeopardy"(コピー・ロボット)
ハーランは憶えてるけど、惑星ジュナの方を憶えてねえ。SG-1のコピーが出てきて破壊力も2倍!ダニエル・ジャクソン役の Michael Shanks 監督。コピーのダニエルがそれほど活躍せずに破壊されてしまったのは残念だが、監督では仕方ないか。
クロノス倒しちゃったよ。

"Exodus"(超新星大爆発!)
シーズンの締めはやはりアポフィスとの対決!ティルク、撃たれたままアポフィスに連れて行かれたぞ、おい。しかも超新星爆発から逃げたつもりが、爆発の影響で思いっきり遠くの銀河まで来ちゃった上に、目の前にはアポフィスの戦艦+未知の巨大船(敵っぽい)!
そこでシーズン5へ続くのかぁぁぁ!この続き1エピソードで終わるの?

シーズン4は物足りなかったかな。エピソードとしては途中まで面白いんだけど、結末を描くのに時間が足りないというか、あと3、4分でいいから最後までしっかり描いてあると面白いのに、っていうのがたくさんありました。
STAR GATE SG-1 は事件が解決したらホントにそこで終わり!っていう作り方で、スタートレックのように「航星日誌補足…」のような後日談みたいな描写がないので、余韻が残らないというか。
作り方はそれぞれあっていいと思いますが、シーズン4の場合、それが物足りなさに繋がっている感じです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧